ラーメン食べ歩き:濃厚特製つけ麺 松戸富田製麺 ららぽーとTOKYO-BAY店@南船橋

ラーメン・つけ麺界の絶対王者としてあまりにも有名な中華蕎麦とみ田ですが、なぜか無性にその味が食べたくなったので、店舗がある千葉県の方まで行ってまいりました。

とみ田は千葉県松戸市に本店(2017年12月初頭現在、改装休業中)を構え、千葉県内に複数の店舗を展開していますが、東京には全く出店していないんです。
そのため、とみ田のラーメン・つけ麺が食べたければ、わざわざ千葉県まで足を運ぶ必要があります。
ただ、逆にそれがとみ田の価値を高め、全国各地から多くのファンが集まる要因になっているとも思います。

今回は千葉県にいくつかある系列店のうち、南船橋のららぽーとTOKYO-BAYにある松戸富田製麺へ。
ここがとみ田の系列店の中で筆者の自宅からは最も近いものの、それでも1時間半ぐらいかかります。

元々圧倒的な知名度を誇るのに加え、日曜のお昼時ということもあってか、到着した時はかなりの行列でした。
ただ、その行列を捌く圧巻のオペレーションもとみ田のウリで、20分程度待っただけで着席。
注文したのは、とみ田の看板メニューである濃厚な魚介豚骨つけ麺に、チャーシューや味玉などのトッピングが加わった濃厚特製つけ麺です。

濃厚特製つけ麺 ¥1100

綺麗に折りたたまれた麺の上には低温調理チャーシューが載せられ、もう見ただけで旨いと確信。
目が回るほどの忙しさの中でも、細部まで手を抜かないこういった丁寧な仕事ぶりは本当に素晴らしいと思います。

スープはとみ田の代名詞とも言える超濃厚豚骨魚介スープで、もうとにかく旨すぎます。
超濃厚系ながら全くくどくなく、むしろ品の良さすら感じるような仕上がりで、後味には心地よい余韻が残ります。

濃厚系のラーメン・つけ麺は苦手だという方にも、是非一度トライしてみてほしいですね。

麺は、とみ田直営の心の味食品による国産小麦を使用したもので、全粒粉を多く含むためか、日本蕎麦のような茶色っぽいビジュアルとなっています。
この麺だけで食べてもきちんと味があって更にコシも強くて、とにかく美味しい。
「麺に味なんてあるの?」とお思いの方もまだまだいるでしょうが、そういった方にこそ食べてみていただきたい。

この自慢の麺と濃厚スープを合わせれば、もはや無敵とも言える味わいに。
ベタな魚介豚骨つけ麺でここまでのレベルのものを出されちゃうと、他のラーメン店では全く太刀打ちできないでしょう。
しかもこのつけ麺が、巨大ショッピングモールの中で味わえるのですから、凄い時代になったものです。

低温調理チャーシューも、やっぱり旨い。

様々な層のお客さんが訪れることを想定してか、こういったレアチャーシューが苦手な場合は、普通の煮豚に変更も可能だそう。
食券を購入してスタッフさんに渡す際に、そのことを確認されるので、普通の煮豚の方がいい場合はそう告げるといいでしょう。

麺を食べ終わったら、当然スープ割りも頼みます。

とみ田らしい味わいはそのままに、サラリと飲みやすくなって最後まで美味しくいただけました。

濃厚つけ麺以外にもメニューは数多く、あっさりと濃厚の両方でそれぞれラーメンとつけ麺が用意されている他、ご飯ものや餃子などサイドメニューも充実しています。
やはり幅広い層のお客さんが訪れる場所柄ということもあって、そこにしっかり対応する必要があるからでしょう。
餃子に関しては、テイクアウトも可能だったと思います。

更には、看板メニューのつけ麺をお土産販売しているのもとみ田の特徴で、筆者も昔買って自宅で食べたことがありますが、物凄く美味しかったです。
お土産つけ麺だけなら並ばずに買えるので、待つのが嫌な方や自宅が遠い方は是非買ってみてください。

このお土産つけ麺は、公式HPで通信販売もやっています。

また、店舗の外には他にも様々なお店が並んでいるので、ラーメン・つけ麺食べた後の腹ごなしに色々巡ってみるのもいいでしょう。
かなり巨大なショッピングモールなので、1日中飽きずに楽しめそうな場所でした。

またいつか、別のメニューを食べに来た際にはご紹介しようと思います。
本店が改装休業から復活したら、そちらのレポートも書くのでお楽しみに!

 

~店舗情報~
店名:松戸富田製麺 ららぽーとTOKYO-BAY店
住所:千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY
電話番号:047-404-6516
営業時間:11:00~22:00
定休日:ららぽーとTOKYO-BAYに準ずる
中華蕎麦とみ田公式HP:http://www.tomita-cocoro.jp/
ららぽーとTOKYO-BAY公式HP:https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/tokyo-bay/

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です