ラーメン食べ歩き:長崎県五島列島産 タチウオの創作塩つけ麺 ラーメン巌哲@早稲田

早稲田にある行きつけ、ラーメン巌哲へ先週末も行ってまいりました。

勿論、金土夜限定の創作塩つけ麺がお目当てで、この時のお題は長崎県五島列島産のタチウオ。

ラーメン巌哲の創作塩つけ麺の中でも、タチウオは個人的に5本の指に入るぐらい大好きな魚です。

タチウオの時は金曜日でかなりの量が出て土曜は残り少ないことが多いものの、この日は意外と残っていて土曜でも安心して行くことができました。

長崎県五島列島産 タチウオの創作塩つけ麺 ¥1900

今回はタチウオの出汁をベースにしたスープに塩焼きの身が入り、別皿で天ぷらが出される構成。

天ぷらにはタラの芽もつき、手前の小皿で供された山椒塩や染めおろしで食べるのは勿論のこと、スープ自体が天つゆになっているのでそちらで食べることもできます。

こういった食べ方は、ラーメン店ならではの提案と言えるでしょう。

焼き物と天ぷらがついて、全体的にかなり豪華な構成になっています。

あまり知らないというか普段口にするほぼ機会もないと思いますが、実はタチウオってかなりいい出汁が出るのです。

力強くしっかりと旨味があり、臭みやしつこさなどは皆無となっている極上の出汁です。

この出汁を飲むだけでも、タチウオの旨さが十分すぎるほどわかるはず。

ちなみに写真ではわからないものの、塩焼きの下には土台として出汁巻玉子が入っています。

そのスープとラーメン巌哲自慢の自家製麺は、この上ないほど相性がいい。

ツルツルモチモチな食感が心地良く、清湯の無化調スープに太麺の組み合わせでも、物足りなさなど全く感じさせません。

そして主役となるタチウオの身は、塩焼き・天ぷらのどちらも素晴らしい逸品。

前者は口の中でホロっと崩れ、後者はフワフワの食感を楽しめます。

タチウオって割と脂がのっている魚だとは思うんですが、その脂が全然嫌な感じしないんですよねー。

むしろこの脂が、ラーメン・つけ麺にするにはピッタリなんだと思います。

1人前当たりの量もしっかりとあり、しっかりとタチウオを堪能できて大満足です。

最後は、つけ麺では定番のスープ割りで〆。

タチウオの旨味がギュッと詰まったスープも、一滴残さず完食。

ラーメン巌哲で食べる、タチウオの創作塩つけ麺はやっぱり最高です。

値段が非常に高いゆえ、滅多に登場することはないものの、またいつか食べられる日を楽しみにしてます。

 

~店舗情報~
店名:ラーメン巌哲
住所:東京都新宿区西早稲田1-10-4
電話番号:03-6302-1281
営業時間:11:30〜14:30, 18:00〜21:00 [日曜]11:30〜15:30
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌火曜日と合わせて連休)
ラーメン巌哲公式ブログ:ラーメン巌哲店主のブログ
ラーメン巌哲公式Facebook:ラーメン巌哲
ラーメン巌哲公式Twitter:ラーメン巌哲

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です