ラーメン食べ歩き:貝潮らーめんクラムチャウダー仕立て 五ノ神水産@神田

今回は、以前の記事でも一度紹介した神田の人気ラーメン店、五ノ神水産を久々に紹介します。

アクセスは、JR及び東京メトロ銀座線の神田駅から徒歩5分程度。

東京は青梅市に本店を構える多摩地区屈指の有名ラーメン店、いつ樹の系列店であり、店名の水産の文字が示すように、五ノ神水産では生の魚をふんだんに使ったラーメンが味わえます。

カツオ節や煮干しなどの加工品と違い、生魚ならではの風味が強く感じられ、好みが分かれるラーメンだとは思うものの、筆者は昔から五ノ神水産のラーメンが大好き。

通常のラーメンだけでも十分個性的ながら、仕入れ次第で限定ラーメンも積極的に提供しており、今回紹介するのは、貝を用いたラーメンです。

実はメニューのリニューアル前に提供していたラーメンであり、そこにアレンジを加えてクラムチャウダー仕立てにしたとのこと。

あと、限定ご飯もやっていたので、それも合わせてオーダー。

貝潮らーめんクラムチャウダー仕立て ¥900

クラムチャウダーという名にあるように、真っ白クリーミーなスープが特徴的。

そこに五ノ神水産の通常メニューでも用いられる鶏チャーシューと三角メンマ、あとはブロッコリーやタマネギ・チーズなどが、このラーメンオリジナルトッピングとして入ります。

味としては、やはり洋テイスト。

アサリとスープを一緒に食べると、これは確かにクラムチャウダーだなと。

しかしながら、アサリの入っている部分以外を食べてみると、シチューやクリームパスタのソースのようにも感じます。

アサリが全体に満遍なく紛れているわけではないため、食べる場所によって印象が変わって非常に面白いラーメンですね。

合わせる麺は自家製で、クリーミーなスープに負けないようにするためか、太めのタイプを合わせています。

モッチリした食感となっており、麺を食べるとクリームパスタっぽい印象を、より強く受けますね。

でもこれは、あくまでラーメンの麺でパスタとは異なるというのは、食べれば必ずわかるはず。

鶏チャーシューは前述の通り、五ノ神水産の通常のラーメンでも用いられているもの。

しっかりした醤油味ながら、クリーミーなスープとの相性もかなりよくて驚きました。

筆者は五ノ神水産の鶏チャーシューが以前から大好きで、東京でも五本の指に入る鶏チャーシューと思っているほど。

肉好きなら、五ノ神水産ではチャーシュー増しにするのが激しくオススメです。

更に五ノ神水産の三角メンマも、個人的にイチオシ。

メンマは太くて歯応えがある方がいいという、筆者の好みにドストライク。

ラーメンの前に、ビールとメンマで軽く一杯やるのもいいでしょう。

黒ミル貝の刺身わさび醤油ドレッシング丼 ¥350

これは、限定ご飯の黒ミル貝を使った丼。

大きな黒ミル貝の身がたっぷりと入っており、味わいは比較的さっぱりしつつも、食べ応えは十分。

大量に仕入れたから350円で出せたそうで、確かにこれはかなりお得な価格設定と言えるでしょう。

寿司屋で食べたら、この何倍もかかると思います。

ラーメンもご飯も貝尽くしで、総じて貝好きにはたまらない組み合わせで大満足。

ただし、ご飯については限定ではなく、チーズご飯やバジルご飯といった洋テイストでまとめるのもオススメとのことでした。

もうボチボチ提供終了してしまうので、その組み合わせを試すのは難しいですが、追加で仕込んで提供延長ということがあれば、トライしてみようと思います。

次は間近に迫った、肉の日限定ラーメンを食べに行きます。

 

~店舗情報~
店名:五ノ神水産
住所:東京都千代田区神田多町2-9-6 田中ビル別館 1F
電話番号:03-6206-8814
営業時間:11:00〜15:00, 17:00〜21:00
定休日:日曜日
五ノ神水産Twitter:五ノ神水産
五ノ神水産スタッフTwitter:海老と鮮魚らーめん 五ノ神水産 石井
いつ樹Facebook:株式会社 五ノ神製作所

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です