ラーメン食べ歩き:新潟風煮干しそば 神田鶏そば なな蓮@神田

今回は、以前にも紹介した神田の人気ラーメン店、神田とりそば なな蓮を再び紹介したいと思います。

神田とりそば なな蓮は、本店である日本橋 製麺庵 なな蓮がお隣の三越前にあって、2018年4月半ば現在、店舗が入るビルの耐震工事のため休業中となっています。

そのため、なな蓮のラーメンが食べたければ、今はここ神田に来るしかありません。

通常で5種類程度用意されているラーメン・つけ麺の中から、今回はまだ食べたことのなかった、数量限定の新潟風煮干しそばをチョイス。

新潟風の煮干しラーメンと聞いただけで、どんなラーメンなのか、ラーメン好きなら想像つく人もいるかと思います。

新潟風煮干しそば ¥900

やはり、なな蓮のラーメンは、まず見た目が非常に美しい。

新潟風ということで、燕三条系の背脂入り煮干しスープに太麺を合わせたラーメンです。

ただ、これはあくまでもなな蓮のラーメンなので、本場・新潟のラーメンとはトッピングなどだいぶ違います。

新潟では、基本的に三つ葉は入らず、タマネギもスライスではなくて、刻んだものが一般的だったはず。

新潟と比べると、だいぶ洗練されたラーメンという印象を受けますね。

なな蓮が繰り出す新潟風煮干しそばのスープは、煮干しの苦みやエグみなど一切なく、かといって物足りなさを微塵も感じさせない味わい。

背脂もそれなりに浮いているものの、油っぽさも全く感じません。

驚くほど深みがあって、とにかく抜群に美味しい。

今まで新潟を含め、筆者は色々な店で燕三条系のラーメンを食べてきましたが、ここ神田とりそば なな蓮のラーメンが間違いなく1番。

何気に、神田とりそば なな蓮のラーメンの中でも、個人的にこれが1番かもしれません。

なな蓮では、麺の出来栄えにも目を見張るものがあります。

国産小麦を使った自家製麺で、麺そのものの味がきちんと感じられる素晴らしいもの。

この麺を、煮干しスープがよく引き立てます。

なな蓮のラーメンにおける主役はあくまでも麺で、スープはそれを食べさせるためのものですね。

なな蓮店主の谷口さんはそう仰いますし、筆者も強くそう思います。

チャーシューは、薄切りのものが数枚入ります。

薄切りなので柔らかく、そしてしっかりと味が染み込んでいて、これまた美味。

スープとのバランスも考慮して作られている印象で、細部まで全く隙がありませんね。

結局、あまりの旨さにスープまで一気に完食してしまいました。

今まで食べてこなかったことを凄く後悔するレベルで、また近々絶対に食べに行きます。

また、実は神田とりそば なな蓮では、夜はラーメン以外に一品料理も充実しており、せっかくなのでそれらもまた少し紹介しておきましょう。

炙り鶏わさ ¥450

これは、新鮮な朝引き大山鶏を使ったメニューの1つである、炙り鶏わさです。

表面が香ばしく炙られ、中はレアな状態。

新鮮な朝引きだからこそ可能な、さっぱりといただけるおつまみです。

鶏もつの味噌煮込み ¥400

これは、酒のつまみとしては定番の煮込み。

味噌煮ということで臭みなどは全く感じられず、ほろ苦さがクセになる味わいで好き。

三種の貝のオリーブオイル漬け ¥400

個人的に、神田とりそば なな蓮のおつまみで最もお気に入りなのが、この三種の貝のオリーブオイル漬け

貝の水分が抜け、旨味が凝縮された素晴らしい逸品で、400円という値段にしては量も多くて大好きです。

皆さんも、夜に神田とりそば なな蓮を訪問する場合は、是非とも食べてみてほしい。

馬刺 ¥650

そして、神田とりそば なな蓮のおつまみの中で確か1番高いのが、写真の馬刺

高いといっても650円で、むしろ馬刺でこの値段は破格の安さと言えるでしょう。

ゴマ油と醤油のどちらでも食べてもいいですが、筆者がゴマ油の方が好き。

注意点としては、馬刺はドリンクメニューの端の方に紛れているので、若干見つけにくいところですかね。

食べ物オンリーのメニュー表ではなく、ドリンクメニューの方をよく見てください。

今回はこれぐらいにして、またそのうち未紹介のラーメンとおつまみについて書きたいと思います。

 

~店舗情報~
店名:神田とりそば なな蓮
住所:東京都千代田区鍛冶町1-7-1
電話番号:03-6206-0544
営業時間:11:00~15:30, 18:00~22:00
定休日:土日祝
なな蓮公式HP:なな蓮

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です