ラーメン食べ歩き:担担麺&つゆ無し担担麺 四川担担麺 阿吽 浅草店@田原町

今回は、筆者がディレクターとして働いているMATCHAのオフィスから近くにある、担々麺の名店をご紹介します。

東京都は台東区浅草の、四川担担麺 阿吽 浅草店になります。

東京メトロ銀座線の田原町駅からは、徒歩1分程度と非常に近く、TXの浅草駅からも徒歩5分程度と便利な場所です。

その代わり、東京メトロ銀座線及び都営浅草線の浅草駅からだと距離があるので、訪問の際は間違えないようご注意ください。

ここ阿吽は、東京でも屈指の担々麺の名店として名高く、本店は浅草からも比較的近い湯島にあります。

ただ湯島の阿吽本店はいつも混雑しており、そこと比べるとここ浅草店は比較的空いていて入りやすく、そういう意味でも阿吽の浅草店がオフィスの近くにあるというのは、個人的に非常にありがたい限り。

メニューは汁なしと汁ありの2種類の担々麺の他に、冬季限定で味噌坦々麺もやってたりします。

また、汁なしと汁ありの担々麺でそれぞれ白胡麻と黒胡麻が用意されているので、普段で4種類の担々麺が用意されていることになりますね。

今回は、基本である白胡麻の方で、汁なしと汁あり両方の担々麺をご紹介します。

担担麺肉増し ¥980

胡麻の白にラー油の赤が映える、非常に美しいビジュアルが印象的です。

ここ阿吽では、辛さと痺れが0~6の7段階から選択可能となっており、両方とも3が基本です。

個人的には4がベストなので、両方とも4にしました。

また、辛さ痺れ共に最高の6は5を完食した人のみ注文可能となっており、料金もプラス100円となっているので、その点だけご注意ください。

担々麺は、ラーメンと違って使用する素材に縛りがあるため、なかなか個性を出すのが難しいのですが、そういう意味では阿吽の担々麺は、非常に良くできた素晴らしい担々麺だと言えます。

たっぷりの芝麻醤にラー油の辛さ、そして花椒の痺れなど、様々な要素が高い次元で融合した、担々麺のお手本のような存在です。

これが殆ど並ぶことなく味わえるのは、お得としか言いようがないでしょう。

更にこの時は肉増しにしたので、挽き肉がたっぷりと入ります。

この挽き肉は、それ自体も勿論美味しいですが、どうしてもその性質上全ては食べきれず、丼の底に沈んでしまうものの、実はきちんと食べきる方法があるんです。

それはライスを注文し、担々麺を食べた後のスープに投入して食べること。

ここ阿吽ではライスが50円、更に半ライスの場合は30円とお得な価格設定になっているのがありがたく、ついついいつも頼んでしまいます。

皆さんもお腹に余裕があれば、阿吽では担々麺の〆にライスを注文することを激しくオススメします。

こうして、麺もスープも挽き肉も、残さず完食してしまいましょう。

つゆ無し担担麺肉増し ¥980

そしてこちらは、別の日に食べた汁なし担々麺の方です。

つゆ無しというのは、阿吽独特の表記のように感じますね。

辛さと痺れは、汁ありと同じく両方とも4にしました。

ちなみに阿吽では、券売機の上の方にこのつゆ無し担担麺が配置されているので、汁あり担々麺よりも汁なし担々麺の方を推しているのかなとも思います。

汁なし担々麺ということで、こちらは上の写真のようにしっかり混ぜてからいただきます。

汁あり担々麺と比べると、辛さや痺れをよりダイレクトに感じられるような印象ですね。

とにかく丁寧に作られていて、やはり旨い。

そしてここ阿吽に限らず、汁なし担々麺においては、個人的に温泉玉子トッピングはマスト。

温泉玉子を入れることでまろやかな味わいに変化し、最後まで飽きずに楽しめます。

普段格闘技をやっていて、身体を鍛えている筆者にとっては、肉増し含めタンパク質補給という意味もありますが。

更に汁あり担々麺の場合と同様に、汁なし担々麺の場合も〆はライスです。

むしろ、汁なし担々麺の方が〆のライスは合うと思います。

こうして、残った挽き肉などの具材を残さず完食。

筆者は学生時代から、もう何度もこの阿吽の担々麺を食べていますが、未だに全く飽きないですね。

オフィス近くなので今後もせっせと通うでしょうし、次に紹介する時は黒胡麻の担々麺について書こうと思います。

 

~店舗情報~
店名:四川担担麺 阿吽 浅草店
住所:東京都台東区西浅草1-1-13 カーサ田原町 1F
電話番号:03-5828-5525
営業時間:11:00~15:00, 17:30~21:00
定休日:火曜日(祝日の場合営業、翌日休み)
四川担担麺 阿吽HP:湯島・浅草 四川担担麺 阿吽

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です