ラーメン食べ歩き:蛤そば&濃厚たまごのまぜそば 中華そば 四つ葉@小田急百貨店町田店

以前こちらの記事でも紹介した、埼玉県屈指の超人気ラーメン店である中華そば 四つ葉ですが、今回は小田急百貨店町田店催事に出店するという話を聞いたので、町田まで行ってまいりました。

中華そば 四つ葉の本店は、埼玉県の最寄り駅と呼べるものがない場所にあり、なかなか行きづらいため、こうして都心部にある百貨店の催事に出店してくれるというのは、ラーメンマニア的には嬉しいところです。

今回の催事限定ラーメンもありましたが、残念ながら筆者の到着時にはそれは売り切れていたため、蛤そば濃厚たまごのまぜそば、更に特製トッピングも注文しました。

蛤そば ¥980

催事価格ということで、中華そば 四つ葉の本店よりは100円高めになっています。

中心部に高く盛り付けられた、色鮮やかな低温調理チャーシューが四つ葉のラーメンの特徴の1つで、見た目が非常に美しい。

筆者はもう何度も四つ葉のラーメンを食べていますが、毎回惚れ惚れします。

催事だからといって、手抜きなどは一切ありません。

スープは、淡口醤油ベースのタレに蛤メインのダシを合わせており、日本料理の椀もののような香りと上品さがありながら、ラーメンのスープらしい力強さもあって素晴らしい。

最近のラーメン業界では、蛤を含め貝を使ったラーメンを提供するところは増えているものの、四つ葉蛤そばはその中でも別格と言える存在の1つでしょう。

歯応えのある麺との相性も良く、どんどん箸が進みます。

低温調理チャーシューは、薄切りになっているので子供や年配の人でも食べやすく、更にそれを丼の真ん中に高く盛り付けることで、スープの熱で必要以上に火が通ってしまうのを回避。

実は四つ葉のラーメンは、見た目に美しいだけじゃなくて、このように様々な層のお客さんへの配慮と実用的な意味が兼ねられて、このような形になっているんです。

もう本当に、全く隙がないですね。

更に四つ葉蛤そばには、蛤のダシだけじゃなくて、貝自体もいくつか入っています。

この蛤も美味しいうえに、写真にはありませんが貝殻入れもきちんと準備されており、やはりここでも細かい配慮が光ります。

最初は、催事限定ラーメンなくて残念だなーと正直思っていましたが、この蛤そばを食べたらそんなことは全て忘れました。

濃厚たまごのまぜそば ¥880 + 特製トッピング ¥270

そして2杯目は、筆者が四つ葉のメニューの中で最も好きな、濃厚たまごのまぜそば

四つ葉の本店では、特製トッピングはまぜそばと一緒に盛られて出てくるものの、今回の小田急の催事では別皿になっていました。

この濃厚たまごのまぜそばも、やはり見た目が美しいですね。

低温調理チャーシューに加えて、真ん中に盛られた卵黄が印象的です。

四つ葉濃厚たまごのまぜそばは、醤油や卵といった素材の良さを生かした、シンプル且つ食べ応えのある味わいが特徴的。

醤油は四つ葉本店の近所にある醤油蔵、そして卵も同じく四つ葉本店の近所の養鶏場のものを使っており、特に卵の方はフランスの三ツ星シェフもお気に入りなぐらい、素晴らしいものだそうです。

筆者は、四つ葉でもう何回もこの濃厚たまごのまぜそばを食べていますが、全く飽きない美味しさです。

また、こういった汁なし・油そばでは多く見られる味変アイテムなども、四つ葉濃厚たまごのまぜそばに関しては、全くもって不要です。

そのままで十分すぎるほどに完成されているので、これ以上余計なものを加える必要はないでしょう。

麺は太麺ですが、この催事に関しては普段四つ葉で出しているものよりも、若干細いような気もしました。

本当に細いかどうか確証はないものの、催事という場所柄、麺の茹で時間を短縮して多くのお客さんを捌けるようにするためかなと思います。

ただ、若干細いかどうかは別に大した問題ではなく、この麺も十分に美味しいです。

個人的に、汁なしでは世界で1番好きな四つ葉濃厚たまごのまぜそばを、町田でサクッと食べられて本当にありがたい限り。

別皿で提供された特製トッピングに関しては、そのまま食べてもいいでしょうが、筆者は濃厚たまごのまぜそばの器に入れてしまいました。

前述の蛤そばなど、ラーメンと違って汁なしメニューでは熱で火が通り過ぎるということはないため、一緒にしてしまうことで、チャーシューが程よく温まってより美味しくいただけると思います。

そうして、2杯ともあっという間に完食。

少し前に訪問した西武池袋のとみ田と違い、今回の町田はキッチンが完全クローズドだったため、四つ葉店主の岩本さんに会えなかったのはちょっと残念だったものの、今度また埼玉の本店の方に行くことにします。

この小田急百貨店町田店での催事は、1月31日までのようなので、興味のある人はお早めに。

筆者も機会があれば、今度は催事限定ラーメン狙いで行ってみようと思います。

 

~店舗情報(本店)~
店名:中華そば 四つ葉
住所:埼玉県比企郡川島町伊草298-20
電話番号:049-297-5192
営業時間:11:00~15:00, 17:00~21:00 (月曜日は昼営業のみ)
定休日:月曜日の夜、火曜日
Twitter:中華そば 四つ葉

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です