ラーメン食べ歩き:特製醤油そば 麺屋 中川會 住吉店@住吉

今回は久しぶりに、東京23区でも東の方にある有名ラーメン店を紹介します。

江東区住吉にある、麺屋 中川會 住吉店です。

アクセスとしては、東京メトロ半蔵門線・都営新宿線の住吉駅から、徒歩7・8分程度。

大きなマンションの1Fに店舗を構えており、比較的わかりやすい場所かと思います。

さて、ここ麺屋 中川會 住吉店は、完成度の高い濃厚つけ麺を武器に、10年ほど前にオープンしてからすぐ人気ラーメン店の仲間入りを果たしました。

筆者もその頃から何度か通っており、東京のつけ麺ではお気に入りの店と言える存在の1つです。

ただ、2017年春に同じ住吉エリア内でプチ移転し、新たに清湯の醤油ラーメンがメニューに加わりました。

筆者はプチ移転してから麺屋 中川會 住吉店には行っておらず、そろそろ行きたいなーと思っていたところ、タイミング良くこの近辺でクライアントとの打ち合わせが入ったので、その前の腹ごしらえとして突撃。

注文は勿論、その醤油ラーメンに特製トッピング追加の特製醤油そば

特製醤油そば ¥1100

なんと言っても、色鮮やかな低温調理チャーシューが印象的。

更には炙ったチャーシューなども入り、特製にしただけあってさすが豪勢なビジュアルになっています。

麺屋 中川會 住吉店特製醤油そばのスープは、鶏や魚介など様々な素材の旨味が重なっており、醤油ダレも相まってまろやかで深みのある味わい。

醤油ラーメンとして特段珍しいタイプではないものの、非常に完成度が高くてこれは美味しい。

更に味変アイテムとして低温調理チャーシューの上にある、麺屋 中川會 住吉店オリジナルのフォアグラソースがいい仕事をしています。

フォアグラソースが少しずつ溶けていくことで、スープにより深みが増していくよう。

存在感が強過ぎず弱過ぎず、本当に味変アイテムとしてちょうどいい感じですね。

このフォアグラソースは、個人的にポイント高い。

合わせる麺は、割と低加水のポキポキした細麺。

この麺はしっかり歯応えありつつも必要以上に主張し過ぎず、醤油味のスープとのバランスもきちんと考慮されていますね。

スープの旨味や醤油の香りなどを纏って、麺の美味しさがより引き立てられているよう。

また、麺屋 中川會 住吉店では、確か浅草開化楼の麺を使っていたような気がしますが、この細麺もそうなのかどうかはわからず。

チャーシューは前述のように、 低温調理と炙ったものの2種類が入ります。

ちなみに低温調理チャーシューの上でキラキラと輝くのが、フォアグラソース。

どちらのチャーシューも美味しいですが、個人的には低温調理の方が好きですかね。

しっとりしつつも、大判でそれなりに厚みを持たせてあって食べ応えがあり、普通の人ならお腹が結構膨れるんじゃないかと思います。

まぁ、筆者にとっては余裕ですが。

結局、スープの最後の一滴までサクッと完食。

事前の想像以上に美味しいラーメンで、これを新たに看板メニューとして据えたのも納得の完成度です。

ただ次は、久しぶりにつけ麺を食べに麺屋 中川會 住吉店に行ってみたいとも思いました。

 

~店舗情報~
店名:麺屋 中川會 住吉店
住所:東京都江東区住吉1-19-1 ツインタワーすみとし住吉館 1F
電話番号:03-6666-9331
営業時間:11:30~15:00, 18:00~21:00
定休日:無休
麺屋 中川會公式HP:麺屋 中川會
麺屋 中川會公式Twitter:中川會 (@kaidai11) | Twitter

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です