ラーメン食べ歩き:兵庫県淡路島由良産 山由丸 鱧 ラーメン巌哲@早稲田

今回は、毎度お馴染み早稲田のラーメン巌哲にて、年に一度だけの限定ラーメンを食べてきたので紹介します。

その限定ラーメンが提供されるのは、毎年10月半ば頃。

前回の記事で紹介したように、ラーメン巌哲ではこの時期に鱧と松茸の創作塩つけ麺をやっているのですが、今回の限定ラーメンの素材も同じく鱧と松茸。

それなのになぜラーメンは年に一度だけなのかというと、主に使っている鱧の質が上がるからです。

勿論、つけ麺の方でも素晴らしい鱧を使っているものの、このラーメンでは更に厳選した鱧を使用します。

そのため仕入れの段取りなども非常に大変なので、年に一度だけとなっているのです。

この日は日曜日でジムでの練習後に急いで向かいましたが、その時には行列はなく残数にも余裕があるとのことで一安心。

ラーメンに加えて、限定ご飯の松茸ご飯も当然の如くオーダーしました。

兵庫県淡路島由良産 山由丸 鱧 ¥2100

真ん中にデデンと鎮座する、巨大な鱧の落としがインパクト大。

つけ麺では骨切りした鱧をもっと小さく切って使うのに対し、このラーメンの方では巨大な身が1つ入る構成になっています。

イメージとしては、日本料理の椀物をラーメンにアレンジしたような感じですかね。

ここから麺を抜けば、逆に椀物として提供できそうな逸品です。

やや濁りつつも透明感を残したスープは、鱧の骨から取った出汁を使用しており、その見た目からは想像できないほどに旨味が濃くてしっかりした味わい。

濃密という言葉がしっくりくるような、極上のスープに仕上がっています。

その鱧の旨味に松茸の香りが合わせれば鬼に金棒、もはや無敵とも言える美味しさ。

去年の鱧ラーメンも素晴らしかったですが、今年の鱧ラーメンは更にレベルアップしていますね。

構成としては非常にシンプルであるものの、素材の良さが最大限に生かされています。

麺は何度も紹介しているラーメン巌哲自慢の自家製麺で、ツルツル滑らかな喉越しの良さと適度な歯応えが印象的。

極上のスープが、この麺を良く引き立てていてこれまた素晴らしい美味しさ。

そして主役の鱧は、味も食べ応えも申し分なし。

両端を折って落としにしているため、実際には見えている部分の倍ぐらいのサイズがあります。

筆者の握りこぶしよりも大きいぐらいで、写真ではその大きさを上手く伝えられないのが非常に残念。

肉厚ながらフワフワした感じもあり、旨味も脂のノリも最高です。

また、鱧に塗られている梅肉醤油は鱧との相性の良さに加えて、これがスープに溶け出していくことで、ラーメンが何とも言えない味わいに変化。

これがまた旨くて、鱧・麺・スープ・梅肉醤油トータルでの一体感は、個人的につけ麺よりも上だと思います。

2100円という値段はラーメンにしては非常に高いですが、余裕でそれ以上の価値があると断言できますね。

繰り返しになりますが、松茸の香りも素晴らしい。

この松茸が主張し過ぎず、1杯のラーメンとしてきちんとバランス取れているのがいいですね。

いやー、マジで最高に旨い。

松茸ご飯 ¥380

こちらは、サイドメニューの松茸ご飯

松茸の香り良く、サラサラっと食べられるもので、今回の鱧ラーメンのお供にぴったりです。

欲を言えば、この松茸ご飯だけでもあと4杯ぐらいは食べたかった。

結局、麺もスープも鱧もご飯も全て速攻で平らげ、今年も無事にラーメン巌哲の鱧ラーメンを食せて大満足です。

今になって、もう1杯食べちゃえばよかったかなーという気がしなくもないものの、また来年のお楽しみに取っておきます。

 

~店舗情報~
店名:ラーメン巌哲
住所:東京都新宿区西早稲田1-10-4
電話番号:03-6302-1281
営業時間:11:30〜14:30, 18:00〜21:00 [日曜]11:30〜15:30
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌火曜日と合わせて連休)
ラーメン巌哲公式ブログ:ラーメン巌哲店主のブログ
ラーメン巌哲公式Facebook:ラーメン巌哲
ラーメン巌哲公式Twitter:ラーメン巌哲

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です