ラーメン食べ歩き:特製濃い出汁つけそば大盛り 日本橋製麺庵 なな蓮@三越前

今日は、ここ最近筆者がよく通っている、日本橋エリアの人気ラーメン店を紹介します。

三越前にある、日本橋製麺庵 なな蓮です。(一時期休業していましたが、2018年5月に営業再開)

三越前が一応最寄りであるものの、この辺りは駅間の距離が近いので、日本橋や東京駅から歩いてもそれほど遠くないでしょう。

ここ日本橋製麺庵 なな蓮の店主は、池袋の有名ラーメン店BASSO ドリルマンなどで腕を磨いた経歴を持ち、そこと同じく無化調・自家製麺にこだわったラーメンやつけ麺を提供しています。

筆者は以前から日本橋製麺庵 なな蓮が大好きでしたが、現在は銀座から田原町が定期券内に入っており、毎日三越前を通っているのでよく立ち寄るようになりました。

以前紹介した神田の神田鶏そば なな蓮と合わせて、現在特に頻繁に足を運んでいるラーメン店の1つ。

また、日本橋製麺庵 なな蓮では夜営業でラーメン以外にアルコール類や一品料理も提供しており、この日は金曜の夜だったのでゆっくり飲むことにしました。

余市ハイボール ¥600

多少はカロリーなども気にしているので、この日はハイボールで。

日本橋製麺庵 なな蓮では、他にもビール・日本酒・焼酎・果実酒など色々揃っており、自分の好みに合うものが見つかると思います。

一品料理は、合計3種類オーダー。

上の写真から順番に、桜肉のユッケ三種貝の冷製アヒージョ自家製合鴨燻製です。

日本橋製麺庵 なな蓮の一品料理は、500円前後の手頃なものが多いのがありがたい。

味の良さは勿論のこと、日本橋界隈の一等地で、気軽に入れる価格設定なのも高ポイントです。

そして一通り食べ終わったところで、〆として特製濃い出汁つけそば大盛りをオーダー。

濃い出汁はいわゆる白湯のことで、神田の方にはそれがないため、筆者は日本橋製麺庵 なな蓮ではこれを頼むことが多いです。

特製濃い出汁つけそば大盛り ¥1300

大盛りの自家製太麺の上には、炙りチャーシューや太メンマ・味玉に海苔などが盛られます。

器が大きいのであまり量が多くなさそうに見えるかもしれませんが、実際は結構なボリュームです。

濃い出汁つけそばのスープは、鶏・豚・魚介などを煮込んで作ったもので、系統としてはそこまで珍しいものではありません。

しかしながらその完成度は非常に高く、しっかり濃度がありつつも油っぽさなどは皆無で品の良さすら感じる仕上がり。

無化調でも旨味が強く、厳選した素材を使って丁寧に作っていることが伝わってきます。

京都の千鳥酢による、程よい酸味も筆者の好み。

そして日本橋製麺庵 なな蓮は、スープ以上に自家製麺の旨さが際立ちます。

この点は修行先のBASSO ドリルマン譲りで、ラーメンやつけ麺は麺料理のため、主役はスープではなく麺だということが、食べれば理解できるはず。

そんな自家製麺の良さを最大限に味わうためには、麺をスープに全部つけるのではなくて、半分から7割ぐらいにしておくといいでしょう。

それぐらいが、個人的には麺とスープのバランスがちょうどよくて好きです。

大盛りでも、ペロッと食べられちゃいますね。

トッピングには、特製にすると麺の方に炭火炙りチャーシューや味玉などが追加され、メンマと海苔も増量されます。

個人的には、炭火炙りチャーシューが特にオススメですね。

チャーシューを炭火で炙る手法も、修行先のBASSO ドリルマンと同じもので、香ばしくなると同時に表面のカリッとした食感がいいアクセントに。

また、スープにもチャーシューやメンマがたっぷりと入っており、その見た目以上に食べ応えあるのが嬉しいところですね。

結局、一品料理を何種類か食べた後だったにも関わらず、大盛りの麺からスープ割りまで全てあっという間に完食。

ランチにサクッとラーメンから夜はじっくり飲みまで、様々な使い方ができるのが、日本橋製麺庵 なな蓮のいいところ。

今後も、定期的に足を運ぼうと思います。

 

~店舗情報~
店名:日本橋製麺庵 なな蓮
住所:東京都中央区日本橋室町1-8-7 東信室町ビル 1F
電話番号:03-3516-6288
営業時間:11:00~15:00, 17:30~21:00 [土日祝]11:00~15:00 ※スープ切れ次第終了
定休日:不定休
日本橋製麺庵 なな蓮公式HP:なな蓮

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です