ラーメン食べ歩き:特製鶴嶺峰つけ麺関脇 らー麺土俵 鶴嶺峰@鶴見

今回は、豚骨魚介つけ麺で人気を博す、神奈川県横浜市の有名ラーメン店を紹介します。

横浜市鶴見区にある、らー麺土俵 鶴嶺峰です。

JR鶴見駅と京急鶴見駅、この両方から非常に近い便利な場所にあります。

店名から気づいた人もいるでしょうが、このらー麺土俵 鶴嶺峰の店主は元力士。

店名以外にも、至る所に相撲の要素が感じられます。

上の写真のように、ラーメンやつけ麺の麺量を相撲の番付で示しているのもその1つ。

1番少ない150gが十両で、メガ盛りの横綱だと700gにもなるので大食いの人にはありがたいことでしょう。

ただし、調子に乗って食べ切れない量を注文するのは絶対にNGです。

今回は、店名がついている鶴嶺峰つけ麺関脇(特盛り)に特製トッピング、更にらー麺土俵 鶴嶺峰名物の眠りチャーシュー4枚も追加した豪勢な組み合わせでお願いしました。

特製鶴嶺峰つけ麺関脇 + 眠りチャーシュー4枚 ¥1450

ラーメン店で使うにしては結構な値段になってしまいましたが、それに相応しい大ボリュームで登場。

らー麺土俵 鶴嶺峰のつけ麺のスープは、冒頭で述べたようにいわゆる豚骨魚介系。

全くもって珍しいタイプではないものの、非常に高い完成度でこれは美味しい。

素材のエキスがしっかり抽出されていて旨味たっぷり、それでいて余計な油っぽさは全く感じません。

そのままでも比較的飲みやすく、かといって麺と合わせた時の物足りなさもない絶妙な塩梅。

個人的には、魚粉に頼らず出汁で味作りをしている点も高評価です。

これなら、魚粉のザラザラした食感が苦手な人にも安心してオススメできますね。

合わせる麺は、以前は同じ横浜市を代表する有名ラーメン店、くり山の自家製麺を使っていましたが、現在ではカネジン食品のものに移行したようです。

別に以前と比べて麺自体のクオリティが劣るということもなく、この麺も美味しい。

とろみのある濃厚スープとの相性の良さは言わずもがなで、どんどんスープがなくなっていきます。

ちなみに、らー麺土俵 鶴嶺峰では特盛り以上になるとスープのお代わりが1回できたような気がしなくもないです(※正式情報は未確認)。

そして、らー麺土俵 鶴嶺峰のオリジナリティが存分に発揮されるのが、トッピングの数々。

元力士ゆえ、ちゃんこの発想を生かした豚しゃぶ・もち巾着・軟骨入りつくねなど、他のラーメン店ではあまり見かけないようなものが多く入ります(※もち巾着は有料トッピング)。

個人的には、トロッとしたもち巾着の食感が特に好みですね。

皆さんも、らー麺土俵 鶴嶺峰に行かれた際には、是非もち巾着を追加してみてください。

更にこれは、プラス300円で追加できる眠りチャーシュー4枚。

眠りチャーシューという名は、肉の旨味を引き出すために1週間寝かせていることに由来するそう。

写真では若干伝わりにくいものの、1枚1枚が分厚くて相当な食べ応えがあります。

ただ個人的には、もうちょいしっかりタレに漬け込んでもよかったんじゃないかなと。

なんだか味が薄い気がしたので、この眠りチャーシューはまだ改善の余地があると思います。

最後は、つけ麺では定番のスープ割りで〆。

らー麺土俵 鶴嶺峰では、スープ割りをお願いすると写真のような器に和風出汁が入って出てきます。

これを入れることで、ややあっさりへと味わいが変化し、最後までに飽きずにつけ麺を楽しめました。

店主のハキハキした接客も好印象で、なんだかんだ満足度はかなり高い。

また鶴見に来るときは、らー麺土俵 鶴嶺峰に立ち寄って見ようと思います。

 

~店舗情報~
店名:らー麺土俵 鶴嶺峰
住所:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-25-6 1F
電話番号:045-504-2207
営業時間:10:50〜14:30(土日祝は15:30まで), 17:50〜22:30
定休日:木曜日
らー麺土俵 鶴嶺峰公式ブログ:【らー麺土俵鶴嶺峰】店主の今日もどすこい!
らー麺土俵 鶴嶺峰公式Twitter:らー麺土俵鶴嶺峰 (@dosukoipower1)

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です