ラーメン食べ歩き:味豚つけ&味玉 孫作@新橋・内幸町

今回は、東京のラーメン業界でもちょっと話題になっているラーメン店を紹介します。

それが新橋・内幸町エリアにある、この孫作です。

ラーメン好きの人なら知っているかもしれませんが、ここ孫作はつけ麺の名店として名高い六厘舎グループの最新ブランドで、旧・舎鈴 新橋西口店をそのまま使い、ご覧のように看板をひっくり返したちょっと独特の外観で営業しています(現在では、小さく孫作と書かれた看板もあります) 。

新橋駅と内幸町駅の両方から徒歩5分ぐらいでアクセスできる場所にあって、立地はとてもいいところです。

さて、ここ孫作がなぜそんな話題になっているのかというと、それは六厘舎グループの重鎮たちが自ら厨房に入って腕を振るっているから。

店内には、上の写真のようにいつ誰がいるのか書かれた貼り紙があります。

この日は六厘舎総帥の三田さんは不在でしたが、番頭の越場さんがいました。

確かこの人は、六厘舎グループのNo.2かNo.3ぐらいの偉い人だったはず。

注文は、基本のつけ麺に肉トッピングの味豚、更に味玉も追加のタンパク質たっぷりコンボでお願いしました。

味豚つけ + 味玉 ¥1100

見た目は、一般的なつけ麺と比べて特段何か変わったところがあるわけではないです。

六厘舎本家と比べると麺が細いのと、スープにたっぷり入った味豚が特徴ですかね。

孫作のつけ麺は、濃厚豚骨魚介を武器にする六厘舎とは全く異なり、魚介不使用で豚と鶏メインのスープを醤油ダレでまとめあげたもの。

魚介に頼らずともしっかりした旨味があり、キレのある醤油ダレともよく合います。

つけ麺としては、そこまで珍しいタイプだとは思わないものの、その完成度は極めて高い。

合わせる麺は前述したように、これも六厘舎で普段提供している極太麺と異なる、少し細めのものを使用。

この麺単体でもなかなか美味しく、旨味たっぷりのスープとの相性の良さは言わずもがな。

並盛りでも300gというボリュームがありがたく、更にデフォルトで750円という安さも特筆すべきところですね。

今時、しかも新橋という都心の一等地にほど近いエリアでこの値段なら、新橋近隣のサラリーマンには相当重宝するはず。

余談ですが、筆者は前職時代のオフィスが新橋にあったので、その頃に孫作があればよかったとつけ麺を食べてて強く思いました。

また、スープには追加トッピングした味豚がたっぷり。

その名前通り、しっかり味が染み込んでいてこれも美味。

個人的には、歯応えのある分厚いチャーシューが好みですが、たまにはこういうのもいいですね。

ただし、この味豚が入ることによって麺をスープにつけにくくなってしまいました。

それが、孫作のつけ麺における唯一の欠点かなと。

しかしながら、全体的にはとても満足できるものであっという間に完食。

次は、辛いつけ麺の方を食べてみようと思います。

 

~店舗情報~
店名:孫作
住所:東京都港区西新橋1-16-2
電話番号:03-6206-6646
営業時間:[月~金]11:00~15:00(L.O.14:45) 18:00~23:00(L.O.22:30) [土]11:00~16:00(L.O.15:45)
定休日:日曜日
六厘舎グループ公式HP: 株式会社松富士食品 | 六厘舎をはじめとする、食のエンターテインメント企業。

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です