ラーメン食べ歩き:とうきびの冷やし麺 麺や七彩@八丁堀・東京駅

既に2回ほど登場している東京屈指の実力派ラーメン店、麺や七彩ですが、今回はこの季節だけの限定ラーメンを紹介します。

麺や七彩までのアクセスをおさらいしておくと、東京メトロ日比谷線の八丁堀駅から徒歩2・3分程度の非常に便利な場所。

15分ぐらいかかるものの、東京駅から歩いていくこともできます。

かつて麺や七彩は東京駅内の東京ラーメンストリートに店舗がありましたが、そことの契約が満了後に少し離れた現在の場所に移転オープン。

徹底的に素材や調味料を吟味したスープに、注文ごとに作る手打ち麺を合わせたラーメンが看板メニューで、ピークタイムともなれば長蛇の行列も珍しくありません。

ただ今回紹介するのは、1年の中でも今の季節しか味わえない希少な限定ラーメン。

とは言っても麺や七彩のファンにはお馴染みのラーメンで、筆者を含め楽しみにしている人が大勢います。

どんなラーメンなのか、早速紹介していきましょう。

とうきびの冷やし麺 ¥1000

その正体は、黄色いビジュアルが目を引くトウモロコシを使った冷やしラーメン。

とうきびという、フルーツ並みに糖度が高くて甘い希少なトウモロコシを使っています。

とうきびの収穫時期が8月末頃となっているため、毎年9月上旬頃にそれを使ったラーメンを1週間程度提供するのが、麺や七彩での恒例行事。

コーンポタージュのようなビジュアルで、かつシンプルな盛り付けながらも、真ん中に置かれたピンク色の低温調理チャーシューが見た目にいいアクセントに。

更に、とうきびも1片添えられています。

とうきびの冷やし麺のスープは、とうきびをすり潰して塩味でまとめたシンプルなもの。

コーンポタージュっぽいと書きましたが、生クリームなどは入っていないので、味は全然違います。

もともと甘いとうきびに塩が加わることにより、その甘さが一層引き立つようで素晴らしい美味しさ。

豚や鶏・魚介などに頼らずとも、しっかり満足感のある味わいに仕上がっています。

これは本当に、とうきびというトウモロコシ自体が美味しいからこそ作れるラーメンだと思います。

このとうきびスープに合わせる麺は、やや細めのストレート。

麺や七彩では、デフォルトのラーメンの場合は打ち立て手打ち麺を使用しているものの、限定ラーメンの場合は基本的に製麺機で打った麺を使用している気がします。

別に手打ちと機械打ちどっちがいいというわけではなく、それぞれの麺に良さがあります。

この細麺も、きっちり水で締められていて歯応えがあると同時に、とうきびのスープがしっかり絡みついてきます。

食べ終わる頃には、スープがあまり残らないほどです。

しつこいですが、このラーメンマジで旨い。

トッピングには、細切りの低温調理チャーシューと、とうきびが一切れ。

低温調理チャーシューは見た目にいいアクセントになっていると同時に、その塩気が甘みたっぷりのスープと抜群に良く合います。

とうきびについては、齧るとその甘さにまた驚くはず。

皆さんがトウモロコシに持っているイメージが、大きく変わること間違いないでしょう。

とうきび飯 ¥200

そしてこちらは、サイドメニューのとうきび飯

一切れのチャーシューにとうきびペースト、更にチーズを少し加えてバーナーで炙った逸品です。

とうきびの甘さは当然感じつつ、炙ったチーズが香ばしいと同時に、やや濃厚なテイストに仕上がっていてこれも文句のつけようばない美味しさ。

これで200円というのは、相当お得な値段だと思います。

とうきび飯だけでも、あと4杯ぐらいおかわりしたかったですね。

この日は暑かったので、結局ラーメンもご飯も速攻で完食。

また来年、麺や七彩でこのラーメンを食べるのが楽しみです。

 

~店舗情報~
店名:麺や七彩
住所:東京都中央区八丁堀2-13-2
電話番号:03-5566-9355
営業時間:[月〜金]11:00~15:30, 17:30~22:30 [土日祝]11:00~21:00
定休日:第3火曜
麺や七彩公式HP:麺や七彩
麺や七彩公式Twitter:麺や七彩

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です