ラーメン食べ歩き:北海道厚岸産 秋刀魚の創作塩つけ麺 ラーメン巌哲@早稲田

今回は、久しぶりに筆者の行きつけである早稲田の人気ラーメン店、ラーメン巌哲を紹介します。

ラーメン巌哲へのアクセス情報をおさらいすると、東京メトロ東西線の早稲田駅から、徒歩7・8分程度。

都電荒川線の早稲田駅からだと、すぐの場所です。

やや遠いですが、高田馬場や西早稲田からも歩けなくなはい距離かなと思います。

この日は金曜だったので、お目当ては金土夜限定の創作塩つけ麺。

今回のお題は日本の秋を代表する味覚の秋刀魚で、なんでも今年の秋刀魚は豊漁で味もいいらしく、本格的な秋の訪れの前にそれを堪能すべく、突撃してきました。

日本酒 ¥800

いつもなら、いきなりつけ麺を食べるところですが、今回は久しぶりに日本酒を注文。

ラーメン巌哲では、数々のラーメンに加えて店主が厳選した日本酒も名物となっており、仕入れによって様々なものが楽しめます。

また、ビールではなく日本酒を頼んだ場合に限って、これもその日によって変わるアテが出てくるので、それらを楽しみつつ、つけ麺の登場を待ちます。

 

北海道厚岸産 秋刀魚の創作塩つけ麺 ¥1500

日本酒を半分ぐらい飲んだところで、メインのつけ麺が登場。

秋刀魚節を中心とした出汁を塩ダレでまとめ、その中に秋刀魚のつみれやキノコなどが入ります。

麺の方には半身の塩焼きが盛られ、更に別皿で大根おろしにオリジナルのワタ味噌がつく構成。

秋刀魚節を中心としたスープは、その旨味に加えてスダチの爽やかな香りが非常に印象的。

茶色いキノコは柿の木茸といって、エノキを日に当てて育てたものだそう。

旨味が強く、エノキと比べると歯応えがあってこれもかなり旨いですね。

スープとの相性も、非常にいいキノコだと思います。

筆者は少し前まで夏休みでアフリカに行っていたせいか、こういう日本らしい味わいにいつも以上に感動。

やはりラーメン、日本食って最高だと再認識。

麺はいつも通りである、ラーメン巌哲自慢の自家製麺。

200gと300gから選択可能になっており、基本的に夜は自重して200gにしています。

毎度のことですが、この麺自体が美味しいのとスープに旨味がしっかりあるので、太麺×清湯の組み合わせでも物足りなさなど皆無。

200gだと、あっという間になくなっていきますね。

そして主役の秋刀魚は、半身の塩焼きと大きなつみれが入ります。

塩焼きは秋刀魚では鉄板だけあって、これはもう間違いない旨さ。

半身になっているのは、1匹丸々だと焼くのに時間がかかりすぎて、オペレーションの都合上無理があるからです。

つみれの方は生姜の効いた味わいが筆者の好みで、更にフワフワ柔らかな食感がありつつも、しっかり団子状にまとまっています。

時期的にはまだ早いかなーと思っていたものの、今年の秋刀魚は最高ですね。

また、別皿で大根おろしとオリジナルのワタ味噌が今回は提供されました。

大根おろしは塩焼きを食べる際にお好みで、そしてワタ味噌は上手いこと秋刀魚のワタを食べられるように、ラーメン巌哲店主の平松さんが考案したものです。

オペレーションの都合上、秋刀魚を丸焼きにするのが難しい、かと言ってワタを食べられないのは悲しいのと、ワタが苦手な人でも美味しく食べられるように工夫されており、ワタに味噌や味醂などで味付けして湯煎したものになっています。

ワタの苦味は適度に感じられつつも、味醂の甘みなどと相まって食べやすい仕上がり。

これは、日本酒の肴としてもピッタリの味わいですね。

むしろ、今回はこれがあるから、久々にラーメン巌哲で日本酒を頼んだという感じです。

ネギ豚丼 ¥380

また、秋刀魚の塩焼きにはご飯がつきものということで、写真のネギ豚丼も追加。

純粋に白いご飯にしなかったのは、栄養面を考えてもう少しタンパク質が欲しかったからです。

これ単体で旨いのは勿論のこと、やはりご飯と秋刀魚の塩焼きの愛称は最高。

日本人で良かったと、心から思いました。

最後は、つけ麺では定番のスープ割りで〆。

このスープ割りもまた絶品で、日本に帰ってきてから初となるラーメン巌哲の創作塩つけ麺を隅々まで堪能させていただきました。

夏限定の鮪塩冷やしや盛りもボチボチ終わってしまいそうなので、もう1回ぐらい食べなきゃですね。

また近々、足を運んでみようと思います。

~店舗情報~
店名:ラーメン巌哲
住所:東京都新宿区西早稲田1-10-4
電話番号:03-6302-1281
営業時間:11:30〜14:30, 18:00〜21:00 [日曜]11:30〜15:30
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌火曜日と合わせて連休)
ラーメン巌哲公式ブログ:ラーメン巌哲店主のブログ
ラーメン巌哲公式Facebook:ラーメン巌哲
ラーメン巌哲公式Twitter:ラーメン巌哲

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です