ラーメン食べ歩き:特製塩そば&名物焼売 饗 くろ喜(くろ㐂)@秋葉原・浅草橋

今回は、以前も紹介したとある有名ラーメン店が、ラーメンをリニューアルしたと聞いたので足を運んできました。

秋葉原と浅草橋の中間ぐらいにある、饗 くろ喜(くろ㐂)です。

どっちかというと、浅草橋の方が若干近いかもしれませんが、筆者はいつも秋葉原から歩いて行きます。

時間にすれば徒歩10分弱といったところで、別にそこまで遠いわけではありません。

さて、ここくろ喜は東京でもトップクラスの人気と実力を誇るラーメン店で、筆者も何十回と通っています。

通常のラーメンの完成度は勿論のこと、次々と繰り出される多彩な限定ラーメンにも定評があり、それを楽しみにしているファンも多いのがくろ喜の特徴。

そんなくろ喜が、この度基本メニューをリニューアルしたということで、足を運んで参りました。

今までもくろ喜にあった塩ラーメンに加えて、新たに醤油ラーメンがラインナップ入りし、更にこれからもメニューがいくつか追加されるそう。

リニューアル後1発目だったので、まずはくろ喜の看板メニューである特製塩そばを注文しました。

そこに、サイドメニューとして新たに登場した焼売と半白飯も追加。

名物焼売 ¥300

ラーメンの前にまず出されたのが、この焼売。

くろ喜の店主は、何やら焼売に強い思い入れがあるらしく、それはこの焼売がラーメンを差し置いて券売機の1番上の列に配置されていることからも伝わります。

詳しくは、くろ喜店主ブログのこちらの記事を読んでみてください。

実物は写真以上に大きく感じられ、粗挽きの豚肉の食感としっかりした旨味を存分に堪能できる仕上がり。

というか、肉の味しかしないぐらいです。

黒酢と醤油のタレをかけてもいいですが、味がついているのでそのままでも食べられる絶品焼売に仕上がっています。

むしろ、筆者はあまりの旨さにタレを使うのを忘れてしまったほどです。

半白飯 ¥100

そして、焼売のお供に注文したのがご飯です。

肉の旨味たっぷりの焼売にホカホカのご飯、シンプルですが言うことない最高の組み合わせですね。

もしくは、ご飯の代わりにビールというのも激しくオススメです。

こうして焼売とご飯を堪能し終わった頃に、遂にラーメンが登場。

特製塩そば ¥1300

透明感のあるスープに自家製麺が泳ぎ、たっぷりとトッピングが盛られた美しいビジュアル。

ネギの緑とトマトの赤が、見た目にもいいアクセントになっていますね。

くろ喜の塩そばは、海・山・湖など様々な産地のものを用いた塩ダレをベースに、旨味たっぷりの鶏スープを合わせたもの。

以前よりも旨味を強く感じられるようになった印象で、とうとうこのレベルまできたかという感じ。

前は正直に言って、世間的な評価や行列のことを考えるともう一押し欲しいとか思っていましたが、今回のリニューアルでそういった要素は一切なくなりました。

これはもう、マジでヤバい旨さとしか言いようがないですね。

この味なら、多少の行列なんて全く気にしません。

むしろ、行列ができない方がおかしいです。

合わせる麺は自家製で、細麺と手揉み麺から選択可能となっており、今回は前者で。

全粒粉を使ったこの細麺は、相当な試作を重ねて作り出したくろ喜店主渾身の作だそうで、味も香りも格別に素晴らしい出来栄え。

個人的に今回の特製塩そばの中でも、麺が最も印象に残ったぐらいの逸品です。

甘みのある味わいで、鶏の旨味たっぷりのスープと抜群に良く合います。

トッピングの肉類は、デフォで丹波黒どりの胸肉・モモ肉、更に軟骨入りの鶏団子となかなか豪華(味玉は追加です)。

塩のみで味付けしたという丹波黒どりの肉は、胸肉がしっとりジューシー、モモ肉は香ばしく皮がパリッとした仕上がりで両方とも激ウマ。

軟骨入りの鶏団子も、コリコリした食感が特徴的でこれまた美味。

特製にしたことによって入るワンタンは、とろけるような皮の食感と、大ぶりで肉肉しい餡の組み合わせ。

このくろ喜のワンタンも大好きです。

他にも、九条ネギや甘みと旨味たっぷりのドライトマト、オリジナルの生姜餡に黒胡椒など、トッピングの1つ1つが個性的かつその意味が感じられる、全てにおいて隙のないラーメンで大満足。

これは是非、新たにメニューに加わった醤油ラーメンも食べたくなりました。

勿論、今回感動した焼売とご飯もセットで。

今後は、焼売とご飯をまず楽しんでからラーメンというのが、筆者の中でくろ喜における定番の流れになりそうです。

また近々、くろ喜の醤油ラーメンについても紹介しようと思います。

 

~店舗情報~
店名:饗 くろ喜(くろ㐂)
住所:東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F
電話番号:03-3863-7117
営業時間:11:30~15:00, 18:00~21:00 (水曜は昼営業のみ、売切れ次第終了)
定休日:日曜・祝日
饗 くろ喜公式ブログ:饗 くろ喜 大将ブログ

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です