ラーメン食べ歩き:特製醤油拉麺&担担麺 創作麺工房 鳴龍@大塚

今回は、東京でも最も旨いラーメン店の1つであり、尚且つ待ち時間も東京のラーメン店の中ではトップクラスに長いであろう、超有名ラーメン店を紹介します。

豊島区大塚にある、創作麺工房 鳴龍です。

アクセスとしては、JR山手線の大塚駅と東京メトロ丸ノ内線の新大塚駅から、共に徒歩5分程度。

都電荒川線の大塚駅前からも、ほぼ同じ距離です。

さて、ラーメン好きなら殆どの人が知っているでしょうが、ここ鳴龍はミシュランで一つ星を獲得したラーメン店として非常に有名で、常に長蛇の行列ができています。

以前は、こんなに旨いラーメンなのにどうして空いているんだろうと感じていて、鳴龍には割と頻繁に足を運んでいたものの、今では逆に行きにくくなってしまったのがとても残念。

ミシュラン一つ星獲得以降は、これが通算3回目で、今回は筆者の勤めているMATCHAでのラーメン特集を進めるために、意を決して突撃してきました。

実はこの少し後に、同僚と再び鳴龍のラーメンを食べる機会に恵まれたので、2種類のラーメンを一緒に紹介しようと思います。

特製醤油拉麺 ¥1100

まず1杯目は、醤油ラーメンに色々トッピングが追加された上記のメニュー。

鳴龍に数あるラーメンの中でも、個人的にこれが1番好きです。

鳴龍の醤油ラーメンは、鶏や魚介など様々な厳選素材を用いた、バランスが良くて尚且つ深みのある味わいが特徴的。

率直に言って旨すぎで、逆にそれ以上の説明は不要なレベル。

ミシュランで星を獲得した今は常に行列ができているものの、昔は空いていたのが信じられません。

並ぶのは筆者も嫌ですが、それでも並んで良かったと素直に思えました。

麺に関しては、鳴龍では自家製麺を採用。

ツルツル滑らかでパツンとした歯応えがあり、スープとの相性も抜群にいいです。

いや、このラーメン本当にハンパない旨さですね。

オーバーに感じるかもしれませんが、この方が鳴龍のラーメンの素晴らしさを伝えられるんじゃないかと思います。

鳴龍では、特製ラーメンにすると3種類のチャーシューが入り、上から順に低温調理・煮豚・焼き豚です。

どれも最高ですが、個人的には焼き豚が1番のヒットですかね。

この焼き豚だけでも、あと10枚ぐらい食べたかったです。

更に鳴龍で見逃せないのが、写真のワンタン。

中身は挽き肉ではなく、海老になっています。

ワンタンを導入するラーメン店は増えているものの、海老ワンタンは珍しい。

この海老ワンタンも、決して付け焼き刃的な作りではなく、粗めに刻んだ海老の歯応えが印象的で、専門店顔負けの旨さ。

鳴龍の店主は、ラーメンだけじゃなくてきちんと料理のバックボーンがある人なので、こういったものまで完璧です。

チャーシューご飯 ¥350

これは、醤油ラーメンと一緒に注文した、サイドメニューのチャーシューご飯

ご飯の上にスライスした低温調理チャーシューが盛られ、おろしダレでいただくようになっています。

味の良さは言わずもがな、しっかりと量がありながらも、おろしダレのおかげでサラッと食べられます。

いやー、これも最高です。

担担麺 ¥850

こちらは、また別の日に同僚と訪れた際に食べた、鳴龍自慢の担々麺。

券売機でも担々麺が1番上に設置されているので、これが鳴龍の看板メニューと言えるかもしれません。

他のお客さんを見渡しても、担々麺を注文している人が多い印象です。

鳴龍の担々麺は、非常にオーソドックスなタイプ。

旨味たっぷりの清湯スープに芝麻醤の風味を効かせ、辛さは適度な感じです。

それにしても、これもとんでもなく旨い。

花山椒による痺れはないので、それが欲しい場合は卓上に置いてあるので自分で調整してください。

ただ、鳴龍の担々麺は旨すぎて筆者はいつも花山椒を入れるのを忘れてしまうほど。

これを書いている今も、思い出すだけで涎が出てきます。

本当に旨いので、ぜひ多くの人に鳴龍のラーメンや担々麺を食べてみてほしい。

また、鳴龍では夜限定でアラカルトと称して、ラーメン以外に一品料理もいくつか提供されています。

せっかくなので、一部紹介しておきましょう。

しらす冷やっこ ¥400

これは、豆腐にたっぷりとしらすが盛られたしらす冷やっこ

見た目以上に量があり、これで400円とは信じられない味とボリューム。

しらすたっぷりで、タンパク質やカルシウムなどをたっぷり摂取できるのが、格闘技をやってる筆者としてはありがたいところです。

海老ワンタン ¥400

これは、上の方で紹介したラーメンにも入っていた、鳴龍自慢の海老ワンタン

ラーメンのトッピングとしてだけじゃなく、こうやって料理として楽しむこともできます。

中の餡が本当にプリップリの食感で、めちゃウマですね。

炙り焼きチャーシュー ¥500

そして、個人的に鳴龍のアラカルトで1番オススメしたいのが、この炙り焼きチャーシューです。

その味の良さは勿論のこと、これまた500円とは信じられないぐらい厚みがあってボリューミー。

どこでどうやって採算を合わせているのか、本当に不思議です。

1人でガッツリ食べてもいいですし、2人で分けたりするのもいいでしょう。

ラーメンのトッピングとしても注文可能で、そうするとラーメンの見た目が非常に豪勢になります。

どちらの食べ方もオススメなので、是非両方試してみてください。

今回は約1年ぶりぐらいの訪問でしたが、何もかも美味しくて本当に大満足です。

久しぶりに鳴龍の行列に並んでみると、回転もかなり悪くて正直辛かったですが、待った価値のある素晴らしいラーメンと料理でした。

鳴龍のラーメンを食べるには、今や覚悟が必要であるものの、それでもたまには食べに来たい。

 

~店舗情報~
店名:創作麺工房 鳴龍
住所:東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚 1F
電話番号:03-6304-1811
営業時間:11:30~15:00, 18:00~21:00 (月曜は昼営業のみ、昼夜共に売切れ次第終了)
定休日:火曜日
創作麺工房 鳴龍公式HP:創作麺工房 鳴龍
創作麺工房 鳴龍公式Twitter:創作麺工房 鳴龍 ~NAKIRYU~

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です