ラーメン食べ歩き:得製朝つけめん 六厘舎@東京ラーメンストリート

今回は、ラーメン好きなら誰もが知るであろう、東京を代表する超有名ラーメン店を紹介します。

東京駅直結の東京ラーメンストリートにある、六厘舎です。

言わずと知れた、つけ麺が名物の大人気店ですよね。

大崎に本店を構え、この東京駅やソラマチ・羽田空港にも店舗がある他に、今や別ブランドの舎鈴も各地に展開する巨大グループとなっています。

さて、今回東京駅の六厘舎にやってきたのは、上の写真にあるように、ここ限定の朝つけめんを食べるためです。

筆者が働いているMATCHAの繁体字チームのお嬢さんたちの要望で、東京駅の朝ご飯特集を作りたいから写真を撮ってきてくれと頼まれました。

恥ずかしながら、筆者は六厘舎の朝つけめんを食べるのはこれが初めて。

そんなに朝早く東京駅まで行く用事がないのと、朝にも関わらず行列ができていると聞いていたからです。

そのため、こうやってわざわざ行く用事ができたのはありがたい限り。

注文は、朝つけめんに味玉とほぐし豚が追加される、得製朝つけめんにしました。

ちなみに、以前は納豆などが食べ放題になる定食もやっていたと思いますが、回転が悪くなるせいか今では廃止されたみたいです。

得製朝つけめん ¥860

見た目に関しては、六厘舎の通常のつけ麺とさほど変わらないように感じます。

朝用なので、量がちょっと少なく感じるぐらいですかね。

六厘舎朝つけめんのスープは、いわゆる豚骨魚介で、根本的な部分は通常営業と変わりません。

通常営業のものと比べると、豚骨など動物系は若干弱めで、代わりに魚介の風味が強めでしょうか。

朝ということを意識してか、ややさっぱりした感じです。

ただ、それでもわかりやすいインパクトの強さがあり、食べ応えは十分。

正直、そこまで期待していなかったのですが、これ普通に旨いですね。

麺は、つけ麺では定番の太麺で、これも通常営業と比べると量は少なめの朝仕様。

200gぐらいの感じで、通常が確か300gちょいだったことを考えれば、個人的にはペロッと食べられる量です。

でもこれで世間の一般的なつけ麺と同じぐらいの量があるので、人によっては多いと感じるかもしれませんね。

それなりに濃度のあるスープとの相性も良く、どんどん麺がなくなっていきます。

チャーシューは、これといって特筆すべきこともありませんが、普通に美味しい。

それよりも、ほぐし豚の方がいいですね。

ほぐし豚が入ることで、麺とスープの絡みが一層良くなるので、個人的にかなりオススメ。

六厘舎としても、つけ麺のトッピングにほぐし豚を推しているみたいなので、皆さんも是非追加してみてください。

最後は、つけ麺では定番となっているスープ割りで〆。

これも美味しくて、結局最後の一滴まで飲み干してしまいました。

平日の朝っぱらから行列ができているのには驚きでしたが、なんだかんだ六厘舎ってスゲーと思わされたつけ麺でした。

意外と回転は早いので、並んでいてもそこまで待たされずに済むはずです。

皆さんも東京駅から旅行・出張など行く場合には、朝一で立ち寄ってみては如何でしょうか。

ただし、ラストオーダーの時間ギリギリに行ったりすると、朝つけめんは売切れ終了で食べられない可能性もあるので、そこだけご注意ください。

 

~店舗情報~
店名:六厘舎
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート内
電話番号:03-3286-0166
営業時間:7:30~09:45 (L.O.09:30)10:30~23:00 (L.O.22:30)
定休日:無休
六厘舎公式HP:六厘舎
六厘舎公式Facebook:六厘舎
六厘舎公式Twitter:六厘舎

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です