ラーメン食べ歩き:醤油ちゃーしゅー麺&へた飯 らーめん弥七@大阪市中津

今回は、大阪に数あるラーメン店の中でも、最も好きなところを紹介します。

大阪市北区中津にある、らーめん弥七です。

アクセスは、大阪市営地下鉄御堂筋線の中津駅から徒歩3分程度と便利な場所。

同じ中津でも、阪急線の場合は少々距離があるのでご注意ください。

また、大阪の中心である梅田からも、15分程度あれば歩いていくことが可能です。

さて、この弥七、大好きにも関わらず、今回の訪問がおよそ4年ぶり。

なぜかというと訪問までのハードルが非常に高く、基本的に営業は平日の昼のみ、更にかつて大混雑が問題となったため、現在は整理券制に移行しているからです。

そのため、関東に住んでいてサラリーマンをやっている身としては、行きたくてもなかなか行けない現実が目の前にあります。

ただ、今回は大阪方面に出張があったため、上手いことタイミングを合わせて訪問することができました。

気合い入れて朝早くの新幹線に乗り込み、10時過ぎに弥七に到着したら、見事1番の整理券をゲット。

もっと整理券待ちの人がいるかと思ったものの、楽勝でゲットできて拍子抜け。

ただ、これは非常にありがたいこと。

近くの公園でパソコン開いて仕事しつつ、所定の時間に店まで戻り、そうしたら食券を買います。

今回は贅沢に、基本のラーメンにチャーシューが追加される醤油ちゃーしゅー麺、更に弥七イチオシのサイドメニューであるヘタめしも注文しました。

醤油ちゃーしゅー麺 ¥990

大判のチャーシューに、ヘタめしにも使われるチャーシューの端を炒めたものが入り、デフォで味玉も半分添えられていて、なかなか豪勢なビジュアル。

ネギが青ネギと白ネギの2種類入り、大阪で白ネギをたっぷり盛り付けるラーメン店は珍しいですが、これは弥七が以前は東京にあったことも関係しているでしょうね。

弥七のラーメンは、まろやかな鶏白湯スープを醤油ダレでまとめたもの。

醤油ダレにはチャーシューのタレに魚介を加えて使用しており、旨味たっぷりで激ウマ。

薬味のタマネギやネギも、いい仕事しています。

一口のインパクトはちょっと弱いかもしれませんが、食べ進めていくうちに、必ず弥七のラーメンの凄さがわかるはず。

いやー、4年ぶりに食べられて本当によかったです。

以前よりも、更に美味しくなっている気がしました。

麺は自家製で、3日もかけて作るこだわりの逸品。

ツルツルで喉越し良く、卵白による歯応えも筆者の好みで、スープとの相性は言わずもがな。

この麺もよりしっかり味わえるつけ麺も、弥七では捨て難い存在です。

チャーシューは、スライスしたものと、端肉を集めて炒めたものの2種類が入ります。

豚バラ肉使用で食べ応えあり、これも文句なしの旨さ。

ちなみに端肉の方は、後述するヘタめしにも使われているものです。

デフォでたっぷり入るネギも、その風味がスープとよく合います。

ネギ好きとしては、これぐらいネギが入っているのは嬉しい限りです。

弥七では、途中で卓上の胡椒を入れて食べるのもオススメ。

やや甘めの味わいのため、胡椒が入ることで味が引き締まります。

ただし、入れ過ぎには注意です。

ヘタめし ¥370

そしてこちらは、サイドメニューのヘタめし

醤油ちゃーしゅー麺にも使われていた、チャーシューの端肉をメインにした丼です。

炒めることで肉が香ばしくなり、カリッとした食感もいいアクセントに。

これも旨すぎて、あっという間に完食。

久々の弥七のラーメンを、存分に堪能させていただきました。

次に弥七に行けるのがいつになるかわかりませんが、またそのうち絶対に食べたいです。

その時は、つけ麺を狙うことにします。

 

~店舗情報~
店名:らーめん弥七
住所:大阪府大阪市北区豊崎3-4-8
電話番号:06-6373-0035
営業時間:10:45〜16:00 (売切れ次第終了)
定休日:土日祝(その他不定休あり)
らーめん弥七公式HP:らーめん弥七

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です