ラーメン食べ歩き:真鯛と蛤の塩そば SOBAHOUSE 金色不如帰@新宿御苑前

今回は、筆者が上京当初からずっと大好きな、日本屈指の超有名ラーメン店を紹介します。

新宿御苑前にある、SOBAHOUSE 金色不如帰です。

ラーメン好きなら多くの人が知っているであろう、言わずと知れた名店ですよね。

蛤に加え、その他にも高価な食材を惜しげも無く使った金色不如帰のラーメンは、多くの人を虜にしてきました。

ちなみに以前は幡ヶ谷にあったものの、2018年5月25日になって新宿御苑前に移転オープン。

今の時代はインターネットですぐに情報が広まるので、移転直後から既に連日多くのお客さんで賑わっているようです。

ただの移転なら別にそこまで話題にならないでしょうが、移転に伴って新たなラーメンもお披露目され、それ目当てのお客さんが押し寄せているみたいですね。

筆者も当然それ目当てで行ったため、その新作である真鯛と蛤の塩そばに煮豚増し、更にサイドメニューの煮豚ご飯もオーダーしました。

真鯛と蛤の塩そば ¥900 + 煮豚 ¥300

まず、美しい見た目に惚れ惚れ。

追加したチャーシューは土台となり、その上にネギやメンマなどが置かれており、更には金色不如帰こだわりの各種ソースなどが入る構成になっています。

真鯛と蛤の塩そばというネーミング通り、スープは真鯛と蛤をメインに、数種類の乾物を加えた動物系素材不使用のもの。

黄金色に輝くスープには、びっくりするぐらいの旨味がたっぷり詰まっており、思わず笑っちゃうぐらいの美味しさ。

いや、これ本当に旨すぎてヤバいです。

ソースには、ポルチーニデュクセル・インカベリーソース・白トリュフオイル・国産黒豚パンチェッタベーコンビッツを使用していると書いてあり、なんだか聞き慣れないものもあってよくわかりませんが、これらとの一体感も絶妙。

一口食べて素直に旨いと思えるようなわかりやすさもあり、個性的な食材をふんだんに用いつつもラーメンとして食べやすくまとめ上げる、金色不如帰店主の山本さんの手腕は本当に凄いですね。

しつこいですが、マジでヤバい旨さ。

麺に関しては、以前は製麺所に特注したものを使っていましたが、新宿御苑前への移転を機に自家製麺へと変更。

しなやかで麺自体が美味しいのに加え、スープとの相性が抜群にいい。

スープと絡むと言うよりは、スープとよく馴染むと言った方がいいような感じですね。

なぜだかわからないものの、そんな風に思いました。

こちらは煮豚で、プラス300円で煮豚増しにしたため、たっぷりと入ります。

低温調理されたSPFナチュラルポークで、柔らかいと同時にジューシーで噛むほどに味が出てくるようで、これも非常に美味。

個人的に金色不如帰の煮豚は昔から大好きで、よくラーメンに追加トッピングしているものの1つです。

また、今回のリニューアルを機に新たに、イベリコ豚の中でもわずか2%しかないという世界的にも貴重な肉がほんの少しだけ加わりました(ラーメン全体写真の、右側やや手前にある小さい肉です)。

何もかもが凄すぎて、あまり細かいことは筆者も語れませんが、これも物凄く美味しかったです。

イベリコ豚のバラ肉だけあって、特に脂の部分が激ウマでした。

さすがにこれは増量することはできないので、ご注意ください。

煮豚ご飯 ¥380

そしてこれは、その絶品煮豚を使ったご飯もの。

ご飯の量はちょっと少なめながら、煮豚の量は十分。

やや甘めの味付けのタレが、煮豚やご飯とよく合います。

これも、期待通りの絶品で最高でした。

総じて全てにおいて完璧で、今年食べたラーメンの中では、この金色不如帰がダントツNo.1。

行列ができているのも当然で、というかこの味で行列ができない方がどうかしています。

金色不如帰の新たな展開に、ただただ驚かされるばかりで、並んででも食べる価値大ありです。

独創性溢れる激ウマラーメンという点に加え、これが限定ラーメンではなくデフォであること、更に900円という値段設定には身震いしてしまうほど。

巣鴨の、大塚の鳴龍に続いて、ミシュランで星を獲得するラーメン店になるのは間違いない。

ただ、そうなってしまうともう近寄れなくなってしまうので、その前にできるだけ多く金色不如帰のラーメンを食べておきたいですね。

次は醤油ラーメンか、つけ麺にトライしてみます。

 

~店舗情報~
店名:SOBAHOUSE 金色不如帰
住所:東京都新宿区新宿2-4-1 第22宮廷マンション 1F
電話番号:非公開
営業時間:11:30〜15:00, 18:30〜21:30 (売切れ次第終了)
定休日:不定休
SOBAHOUSE 金色不如帰公式Twitter:SOBAHOUSE 金色不如帰
SOBAHOUSE 金色不如帰Instagram:hototogisusobahouse

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です