ラーメン食べ歩き:蘭州牛肉面 馬子禄 牛肉面@神保町

今回は、2017年にオープンして大人気となっている、とある東京のラーメン店を紹介します。

神保町にある、馬子禄 牛肉面です。

ここ馬子禄 牛肉面は、中国で店舗展開をしている蘭州ラーメンの人気店であり、それが遂に日本進出を果たしたことで、ラーメン界でも結構な話題となりました。

日本店の店長は大学時代を中国で過ごし、その時に食べた蘭州ラーメンの虜になったそうで、日本に戻ってから蘭州ラーメンの店を開こうとするも独学では上手くいかず、そのため本場の蘭州に渡って馬子禄の本店で修行をさせてもらい、めでたく開業となったそう。

オープン当初はかなりの行列で昼のみ営業だったこともあり、筆者はこれまで行きそびれたままでした。

ただ、現在では夜営業もやっているのと少しは落ち着いただろうと思ったので、ようやく足を運ぶことに。

昼時のピークを過ぎた時間でしたが、それでも10人以上並んでいたのにはちょっとびっくり。

ただ回転は結構早く、そこまで待つことなく店内に入れました。

メニューは蘭州ラーメンである蘭州牛肉面のみで、あとは追加トッピングで牛肉とパクチーがあるだけ。

勿論その蘭州牛肉面をオーダーし、更に麺が細麺・平麺・三角麺の3種類から選択可能となっており、個性的な三角麺でお願いしました。

ちなみに会計は食券ではなく、入口で席に案内される前に済ませるシステムになっています。

蘭州牛肉面 ¥880

そもそも馬子禄 牛肉面の蘭州ラーメンとは何なのかとここで解説しておくと、牛ベースのスープに薬膳スパイスとラー油を加え、そこに手打ちの麺を合わせます。

更にトッピングとして牛肉やパクチーなどが入っており、日本のラーメンとは完全に異なるものに仕上がった、個性的なものです。

これだけ書くと、かなりクセのありそうな味に思われますが、実際に蘭州牛肉面のスープを飲んでみると、意外と食べやすくまとまっていることに驚き。

率直に言って好みにドンピシャの味わいで、事前の想像を遥かに上回る美味しさ。

なんでもっと早く来なかったのか、非常に激しく後悔しました。

ラー油がなかなか辛いので、辛いのが苦手な人以外は問題なく食べられるはず。

一応、ラー油やパクチーが苦手な人向けに、それら抜きもできるみたいなので、その場合はそう伝えるといいでしょう。

麺は初めての人にオススメの細麺ではなく、個人的に気になった三角麺にしたものの、結論から言えばこれで大正解。

三角の断面による独特の食感が面白く、スープとも非常によく絡むいい麺です。

敢えて1つだけ言うなら、麺が長過ぎてちょっと啜りにくいのが欠点かなと。

おそらく手で伸ばした麺を、切らずにそのまま茹でているのかなと思います。

トッピングとして入る牛肉やパクチーも、スープや麺とよく合います。

特に牛肉が気に入ったので、次回は牛肉増しにしてみようかと。

この白い器に入っているのは黒酢で、馬子禄 牛肉面では注文時にその有無を選べます。

無料なので、迷った場合はとりあえず頼んでおいた方がいいでしょう。

途中で黒酢を入れると、その酸味や風味が加わって、また違う味わいに変化して面白い。

総じて大満足で、結局スープまで飲み干してしまいました。

まだまだ日本では珍しい蘭州ラーメンで、しかもこれだけ美味しければ、並ぶのもわかります。

次は、細麺か平麺を試してみます。

また、馬子禄 牛肉面では店の入口の方にハラル認定証が置いてありました。

調べてみたら、蘭州周辺はイスラム教徒が多いため、蘭州ラーメンもハラルフードとして扱われているそう。

シルクロードの要地でもあった場所とのことで、いつか本場の蘭州ラーメン巡りをするためにも行ってみたいですね。

 

~店舗情報~
店名:馬子禄 牛肉面
住所:東京都千代田区神田神保町1-3-18
電話番号:03-6811-7992
営業時間:11:00〜15:00, 17:00〜20:30 (売り切れ次第終了)
定休日:不定休
馬子禄 牛肉面公式HP:馬子禄(マーズルー)|日本初!神保町で蘭州ラーメンが食べられるお店
馬子禄 牛肉面公式Twitter:馬子禄 牛肉面

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です