ラーメン食べ歩き:チャーシュー麺&赤オニ 田中商店@足立区六町

今回は、東京もとい日本全国でもトップクラスと言える、豚骨ラーメンの超有名店を紹介します。

足立区の住宅街にある、田中商店になります。

最寄駅は、つくばエクスプレスの六町駅で、そこから徒歩15分弱程度。

東京23区内とはいっても、一般的にはあまり馴染みのない駅と思われ、更に駅から歩かなければならないこともあって、アクセスは正直微妙。

ですが、ここ田中商店は日本全国でも屈指の高評価を誇る豚骨ラーメンの名店であり、ラーメン好きなら微妙なアクセスを乗り越えてでも訪れる価値があることを、最初に断言します。

自宅からは行きにくいものの、筆者の勤めるMATCHAのオフィスからは意外と楽にアクセス可能なことに気づいたため、今回は仕事帰りのタイミングを使い、久しぶりに田中商店まで足を運んでみました。

田中商店は夜から翌日明け方まで営業というスタイルのため、むしろ好都合。

まだ早い時間だったので比較的空いており、待つことなくカウンターに着席。

注文は基本の豚骨ラーメンにチャーシュー増しと、田中商店オリジナルのトッピングである赤オニをお願いしました。

チャーシュー麺 ¥950

白濁スープに青ネギとピンクのチャーシュー、更に各言語で感謝の言葉が印刷された海苔が入るのが、田中商店の豚骨ラーメンの特徴。

ちなみに、こってりでお願いしたので、油もたっぷり入っています。

田中商店の豚骨スープは、豚の頭からつま先まで様々な部位を3日間煮込んで作るそう。

店内には若干の豚骨臭が漂うものの、出てきたラーメンに余計な臭みなどは一切なく、旨味たっぷり濃厚スープで旨すぎます。

一口食べて素直に旨いと思えるインパクトの強い味わいで、豚骨ラーメン好きにはたまらない仕上がり。

1年半か2年ぶりぐらいに食べましたが、マジで旨いとしか言いようがないです。

本場福岡のラーメンと比べると、圧倒的に濃厚な仕上がりで、これは田中商店オリジナルと言っていいでしょう。

福岡では、どちらかというと白濁しつつも比較的薄いスープに、化学調味料で味を整えたラーメンが一般的です。

麺は確か、福岡のトリオ製麺から取り寄せたもの。

多くの豚骨ラーメンの店と同じく、田中商店でも麺の硬さは選択可能となっており、個人的には普通がオススメ。

特に豚骨ラーメンでは、硬め・バリカタと言っている人を多く見かけますが、田中商店の麺に関しては普通で十分です。

しっかりと歯応えのあるいい麺で、普通でちょうどいいように作られています。

筆者も硬め・バリカタを試したことは当然あるものの、粉っぽさが強調されすぎてなんだかスープとのバランスがイマイチのように感じました。

そして今回はチャーシュー麺にしたこともあり、肉がたっぷり入ります。

田中商店のチャーシューは、じっくり焼き上げた文字通りの焼き豚で、これが筆者の好みにドンピシャ。

歯ごたえあって尚且つジューシーで、噛めば噛むほどに味が出てくるようで素晴らしい。

写真ではわかりにくいものの、量も結構あって非常にありがたい。

田中商店に来たら、チャーシュー増しにすることを激しくオススメします。

更に肉に加えて、豚骨スープとの相性が抜群な青ネギで丼一面が埋め尽くされる、ネギチャーシュー麺にするのもいいでしょう。

さて、一通り麺を食べ終わったところで、豚骨ラーメン定番の替え玉を。

替え玉なしでは、全く腹いっぱいになりません。

そしてここで、田中商店オリジナルトッピングである、赤オニも登場。

赤オニの正体は、挽き肉に唐辛子や調味料を混ぜて作った、甘辛い味付けのものです。

どうやって食べるのと思う人もいるかもしれませんが、続けて紹介します。

別で提供される器に豚骨スープを少し移して、そこに赤オニを溶かし、つけ麺風にして食べます。

豚骨スープの味わいを感じつつも、いい感じに甘辛さが加わって、これまた激ウマ。

初めての場合は、少しずつ様子を見ながら赤オニの量を調節していくといいでしょう。

既に病み付きになってしまった筆者の場合は、いきなり全部使ってしまいますが。

結局、替え玉して赤オニも使い、最後はスープも残さず完食。

やはり、凄まじいまでの旨さに今回も大満足です。

今後は、金曜の仕事帰りに寄ることが増えそうです。

東京屈指の大人気ラーメンだけあって、田中商店は行列していることが多いものの、席数は多いのと非常に回転が早いため、10分〜20分も待てば座れるはず。

豚骨ラーメン好きなら、絶対に田中商店には行っておくべき。

 

~店舗情報~
店名:博多長浜らーめん 田中商店
住所:東京都足立区一ツ家2-14-6
電話番号:03-3860-3232
営業時間:18:00〜翌4:00
定休日:無休
田中商店公式HP:田中商店

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です