ラーメン食べ歩き:味噌 ふじ屋 NOODLE@札幌市すすきの

今回は、前の記事で紹介した札幌市すすきのの第人気ラーメン店、札幌 Fuji屋の系列に当たるところを紹介します。

同じく札幌市すすきのにある、ふじ屋 NOODLEです。

本店である札幌 Fuji屋が入る雑居ビルの隣の、新ラーメン横丁内にあって、両者の距離は物凄く近い。

つけ麺のイメージが強い本店に対して、こちらのウリは札幌らしく味噌ラーメン。

正直に言って、他の新ラーメン横丁の店がガラガラなのにここだけ行列ができており、その人気のほどが窺えます。

他にも白醤油を使ったラーメンなどがあり、これは逆に札幌のラーメン店にしては珍しく、他店との差別化がなされていていいと思います。

その白醤油のラーメンが、非常に美しい見た目で気になったものの、初めてなのはここは看板メニューの味噌ラーメンを。

低温調理チャーシューも追加したかったんですが、残念がらGW期間中は仕入れと仕込みの都合により休止していました。

味噌 ¥850

如何にも味噌ラーメンらしい色合いのスープに、青ネギと低温調理チャーシューがよく映えます。

王道の札幌味噌ラーメンとはかなり違う仕上がりだと、ラーメンマニアなら一目見ればわかるはず。

ふじ屋 NOODLEの味噌ラーメンは、白味噌ベースに豚骨スープを合わせた、まったり甘めな味わい。

純すみ系の味噌ラーメンと違って油は多くなく、とても食べやすいという印象を受けます。

一般的な札幌味噌ラーメンとは差別化を図りつつも、多くの人に受け入れられるであろうバランスの良さを持ち合わせており、この点は素晴らしいですね。

合わせる麺は、中太で縮れたタイプ。

麺は、如何にも札幌ラーメンらしい感じですね。

とろみのあるスープとの相性良く、スルスル食べられます。

低温調理チャーシューは、東京では見飽きた感じがするものの、札幌ではまだまだ新鮮。

しっとり柔らかくジューシーで、完成度も非常に高い。

東京の有名ラーメン店と比べても、何ら見劣りしないですね。

チャーシュー増しをやっていなかったのが、本当に残念でなりません。

メンマやネギも、しっかり名脇役としての仕事を果たしています。

メンマはコリっとした歯応えが好みで、ネギは甘みのあるスープとよく合います。

総じて大満足で、さすが札幌 Fuji屋の系列だけあるなと感じた味噌ラーメンでした。

敢えて言うなら、味変にもう少し工夫が欲しかったですかね。

やや単調なので後半飽きてくるのと、卓上に酢や唐辛子があったんですが、それじゃなくてもうひと押しあると更に完成度が上がると思います。

とはいえ、行列ができているのには十分納得できました。

ちなみに店主は調理中、怖いぐらい真剣な顔をしているものの、ご馳走様と伝えたらこっちを向いて笑顔で挨拶してくれるなど、凄くいい人だということが伝わって来て、ラーメンの味以外もポイント高い。

次回は、この時に気になった白醤油ラーメンを食べてみようと思います。

 

~店舗情報~
店名:ふじ屋 NOODLE
住所:北海道札幌市中央区南4西3 第3グリーンビル 1F 新ラーメン横丁
電話番号:011-552-0248
営業時間:18:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休日:日曜日・加えて不定休あり
ふじ屋 NOODLE公式Facebook:ふじ屋 NOODLE
ふじ屋 NOODLE公式Twitter:札幌 Fuji屋&ふじ屋NOODLE

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です