ラーメン食べ歩き:塩煮干そば&麺なしワンタン 中華そば カリフォルニア@札幌市菊水

今回は、札幌市の住宅街にありながら、常に混雑している第人気ラーメン店を紹介します。

札幌市白石区菊水にある、中華そば カリフォルニアです。

アクセスとしては、札幌市営地下鉄の菊水駅から徒歩6分程度の比較的便利な場所。

ここ中華そば カリフォルニアの店主は、筆者も大好きな東京都調布市の有名ラーメン店である柴崎亭出身で、それもあって既に合計3回ぐらいは訪れています。

どのラーメンを紹介しようか迷ったものの、このブログで取り上げるのは初めてなので、中華そば カリフォルニアの人気No.1である、塩煮干そばを注文。

この時は、友人であり中華そば カリフォルニアの近くでwayaというゲストハウスを運営している木村くんが一緒だったこともあって、二人で麺なしワンタンの白と黒もそれぞれ追加。

更に、この日限定でミニカレーライスもあったため、それも勢いで頼んじゃいました。

ミニカレーライスに関しては、柴崎亭でも時折見かけたような気がしますね。

塩煮干そば ¥500

透明感溢れるスープの中に麺が泳ぎ、中心にチャーシューやネギなどが配置された、シンプルながら美しいビジュアル。

開店当初と比べると、チャーシューの形など盛り付けにいくつか変更点がありますね。

ワンコイン500円の価格設定にも驚きますが、これは柴崎亭のやり方を踏襲している感じ。

塩煮干そばのスープは、透き通っていながら旨味たっぷりで、物足りなさなど皆無。

ワンコイン且つ無化調で、一体なぜこんなにも旨いラーメンが作れるのか、本当に不思議に思います。

どうやって採算を合わせているのか、素材の調達方法やレシピをいつかじっくり聞いてみたいですね。

トッピングがシンプルとはいえ、普通にラーメンを作ったら、このスープだけでも相当な原価がかかるはず。

麺は確か、東京の製麺所から取り寄せたものを使用していたと思います。

しっかりと歯応えのあるタイプで、スープとの相性もいい。

チャーシューは、以前は薄切りで大判のものだったような気がするものの、今は比較的厚みがある代わりに小ぶりのものが入っています。

個人的には、薄切りよりも厚みのあるチャーシューの方が好きなので、これは大歓迎。

これなら、チャーシュー増しにしてもよかったなと思いました。

麺なしワンタン(黒・白) ¥500(それぞれの値段です)

上の2枚は、追加で注文した麺なしワンタン。

てっきりワンタンだけで出てくるかと思ったら、ラーメンみたくたっぷりのスープの中に入って登場。

大ぶりのワンタンが5個ぐらい入り、これにスープ付きでラーメンと同じくワンコインは、はっきり言って安すぎです。

つるんとした食感の皮にジューシーな餡、どちらも素晴らしい。

また、札幌のラーメン店でワンタンを出すところは非常に少ないので、そういう意味でも中華そば カリフォルニアは貴重な存在と言えるでしょう。

ラーメンとワンタン合計1000円で、信じられないぐらい胃袋も心も満たされました。

ミニカレーライス ¥300

ただ、今回は更に追加したカレーもあります。

素朴な味わいのカレーで、これといった特徴があるわけではないものの、日本人好みのカレーで非常に美味。

そしてその見た目以上にボリュームがあり、これでミニサイズというのが嬉しい誤算。

ラーメン・ワンタン・カレーの3つ食べて、同行してくれた木村くんは結構苦しそう。

実はこの前に純蓮の味噌ラーメンを食べていたので、それも当然かと。

大食いの筆者も、純蓮で味噌ラーメンに加えてチャーハンも食べていたため、この2軒で十分腹が満たされました。

中華そば カリフォルニアは、とにかく安くて旨いラーメンやワンタンが味わえる素晴らしいラーメン店だということを再認識。

落ち着いた住宅街に店舗を構えつつ、常に混雑しているのも当然と言えるでしょう。

むしろ、これで人気が出ない方がおかしい。

次回は、豪快にチャーシューワンタン増しにしてみようと思います。

それでも1000円しないのだから、本当に驚きです。

 

~店舗情報~
店名:中華そば カリフォルニア
住所:北海道札幌市白石区菊水3条4-4-6 ビバ菊水 1F
電話番号:011-598-7773
営業時間:[火~金]11:30~15:00(L.O.14:45), 18:00~22:00(L.O.21:30) [土日祝]11:30~15:00
定休日:月曜日
中華そば カリフォルニア公式Twitter:中華そば カリフォルニア

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です