ラーメン食べ歩き:ザ・しおつけ麺 啜磨専科@横浜市上大岡

今回は、横浜市に数あるラーメン店の中でも、個性的で尚且つ筆者が大好きなラーメン店の1つを紹介します。

横浜市港南区上大岡にある、啜磨専科(すすりませんか)です。

アクセスとしては、京急及びブルーラインの上大岡駅から徒歩5分程度で、港南中央駅からも歩ける場所。

変わった店名ですが、その読み方の通り啜磨専科では麺を啜ることを楽しむ、もう少し噛み砕いて言うと麺に主眼を置いた個性的なラーメン・つけ麺を提供しています。

啜磨専科の店主は、神奈川県でも屈指の創作ラーメンの名手として知られており、ここで提供するラーメン・つけ麺も、他のラーメン店では味わえないものばかり。

なかなか個性を出しにくい昨今のラーメン界において、美味しさと個性を高いレベルで両立させているのが素晴らしい。

今回は久しぶりの訪問だったので、啜磨専科の看板メニューであるザ・しおつけ麺をチョイスしました。

ザ・しおつけ麺 ¥880

久々に見ると、以前と随分見た目が変わっていますね。

それに、値段も以前は910円だった気がします。

見た目の変化などについては、順番に書いていきましょう。

啜磨専科では麺を美味しく食べることに主眼を置いていると書いた通り、まずこの麺の出来栄えが素晴らしい。

当然自家製でやっており、全粒粉をたっぷり用いた日本蕎麦のような茶色っぽい麺と、通常の白い麺が混ざっています。

前は茶色い麺オンリーでしたが、どうやら少し前にこの形での提供になったみたいです。

更に麺が和風出汁に浸かっており、これも以前は見られなかったもの。

元々の麺の旨さと和風出汁が合わさることで、スープなしで麺だけでも十分に美味しくいただけます。

それぞれの麺の形状も違うため、一緒に食べることで独特の食感となり、それがまた面白い。

合わせるスープは、キリッと塩味が効いたもの。

提供時には、マグマの如く激熱状態となっているため、うっかり火傷しないようご注意を。

つけ麺の欠点として、スープが冷めやすいということがあるので、啜磨専科のように超熱々で出してくれるラーメン店は、個人的に好印象です。

つけ麺で冷めても美味しいスープを謳っているラーメン店もあるものの、実際にそう思えた店というのは、筆者は殆ど思いつきません。

構成としてはシンプルな塩味で、自慢の自家製麺の旨さをしっかりと引き立てています。

はっきり言って、めちゃくちゃ旨い。

非濃厚系つけ麺の中では、啜磨専科は間違いなく全国でもトップクラスの完成度と言えるでしょう。

チャーシューには2種類が入り、どちらかというと、筆者は2枚目の鶏ムネ肉の方が好みですね。

塩味のスープとのバランスをきちんと考えて作られている印象で、味付けはあっさりしたものになっています。

また、個人的に啜磨専科でお気に入りなのが、写真のメンマ。

メンマは太くて歯応えあるのが筆者は好きで、啜磨専科のメンマはそんな筆者の好みにどストライク。

このメンマはおつまみとしても注文可能で、ラーメンやつけ麺の前に、ビールとメンマで軽く1杯やるのもいいでしょう。

そして、海苔の上に置かれているこれは、正直何なのかよくわかりませんでしたが、麺につけて食べると風味が増します。

ただ、そこまではっきりと変わるわけでもなかったので、別になくてもいいような気はしてしまいました。

最後は、つけ麺では定番となっているスープ割りで〆。

啜磨専科では、スープ割りすると写真のようにあられが入ります。

まるでお茶漬けの出汁のようで、そのままでも十分旨いですが、ご飯にかけても絶対合うでしょう。

総じて、以前と変わっているところもあって若干戸惑ったものの、とても美味しくいただけました。

啜磨専科のつけ麺は、本当にここでしか味わえないものなので、またそのうち食べに来ます。

あと、メニュー自体も一部変わっていて汁なし担々麺なんかも加わっており、それも非常に気になるところです。

 

~店舗情報~
店名:啜磨専科
住所:神奈川県横浜市港南区上大岡西2-14-15
電話番号:045-370-9417
営業時間:11:30~14:30, 18:00〜23:00
定休日:木曜日
啜磨専科公式Twitter:G麺7 啜磨専科 ロ麺ズ G麺7-01
啜磨専科店主Instagram:Masatomo Goto

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です