ラーメン食べ歩き:特製つけそば&エビ辛し 浜屋 五反田店@五反田

今回は、筆者が五反田で最も好きなラーメン店を紹介します。

それがこの、浜屋 五反田店です。

筆者の記憶が正しければ、浜屋はここ五反田以外にも、確か千葉と茨城にも店舗があったはずで、五反田店が3号店に当たります。

どうしてそんな離れたエリアで展開しているのかは、正直謎です。

立地的には若干微妙な所にあり、各線五反田駅から白金方面に向かって少し坂を上がった住宅地の中に位置しており、徒歩で10分弱かかります。

それでも昼時になると、五反田近隣のサラリーマンを中心に混雑しており、その人気の高さが窺えますね。

注文は、看板メニューのつけ麺にトッピングが増量される特製つけそばと、浜屋オリジナルトッピングのエビ辛しにしました。

浜屋 五反田店の特製つけそば

特製つけそば + エビ辛し ¥1050

特製ということで、スープの方にチャーシューや味玉が追加で入ります。

エビ辛しについては、別皿で出てくるので、個人の好みに合わせて使用量は調節可能。

細かいことですが、こういった配慮はありがたいですね。

浜屋 五反田店のつけ麺のスープは、タイプとしてはいわゆる動物魚介系。

鶏・豚といった動物素材に、昆布・節・しいたけ・煮干しを合わせて作っているとのこと。

適度に濃厚でとろみがあり、一口食べたときのわかりやすさがありながら、バランスの良さも感じられて非常に美味。

しかも無化調で仕上げているそうで、こういった動物魚介スープにしては珍しい気が。

ベタなタイプの味だからこそ、丁寧に作ればきちんと美味しいと感じられる、お手本のような存在。

死ぬほど動物魚介系つけ麺を食べている筆者にとっても、浜屋 五反田店のスープは、またこれかとげんなりするようなものでは全然ありません。

合わせる麺は自家製で、茨城や千葉の店舗から送られてくるものではなく、五反田店で毎日製麺しているとのこと。

着色料や保存料などは不使用で、無化調のスープと同じく、安心して食べられるのは高ポイント。

やや厚みのある平打ち麺といった感じで、案外見かけないタイプの珍しい麺のように感じます。

麺単体でも十分に美味しく、とろみのあるスープとの相性は言わずもがな。

並盛りで240gと、それなりにボリュームがあるものの、どんどん麺がなくなっていきます。

ただ、そのまま麺を食べきってしまっては、エビ辛しを注文した意味がないので、途中でスープに加えてみます。

これが意外と辛いため、浜屋 五反田店を初めて訪れる場合は、少量ずつ入れた方がいいでしょう。

しかしながら、筆者はもう慣れてしまっているため、一気に全部加えてしまいましたが。

いい感じの旨辛いつけ麺へと変貌し、少し汗をかきながら最後まで美味しくいただきました。

実はこの通常のエビ辛しは50円ですが、浜屋 五反田店では更にもう一段階辛めのエビ辛しが100円で用意されているので、次回はそれを頼んでみようと思います。

最後は、つけ麺では定番となっているスープ割りで〆。

エビ辛しが入っているため、見た目真っ赤で結構辛いスープ割りになっています。

これはこれでとても美味しいものの、麺を食べているときと違って辛さがダイレクトに襲ってくるため、エビ辛し入りにしてしまったら、無理にスープ割りは飲まなくてもいいでしょう。

筆者は辛いもの大好きなので、全部飲み干してしまいました。

総じて間違いない美味しさの動物魚介つけ麺で、満足度はかなり高かったです。

この手のつけ麺には飽きたという人も、浜屋 五反田店に行けば、その良さを再認識できるはず。

浜屋 五反田店は他にもメニュー豊富で、あっさりしたラーメンや味噌ラーメン、更に汁なしまであったりするので、次回は違うものを食べてみようと思います。

 

~店舗情報~
店名:浜屋 五反田店
住所:東京都品川区東五反田4-10-5
電話番号:03-3441-3335
営業時間:[月~土]11:30~15:00, 17:00~20:00 [日祝]11:30~15:00
定休日:無休

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です