ラーメン食べ歩き:和歌山県箕島産 マナガツオの創作塩つけ麺 ラーメン巌哲@早稲田

最近になって仕事がある程度落ち着いたので、昨日の金曜日も行きつけのラーメン巌哲へ足を運んできました。

筆者が到着したときは、外に3人と中で数人待っていた程度で、先週と同じく創作塩つけ麺の提供日にしては並びが少なく、待ち時間が短くてラッキーでした。

やはり、閉店間際の時間の方が狙い目かなと。

毎度のことですが、アクセス情報を掲載しておくと、ラーメン巌哲の最寄駅は東京メトロ東西線の早稲田駅で、そこから徒歩7・8分程度。

早稲田大学の裏にあるリーガロイヤルホテル東京の向かいに位置しており、都電荒川線の早稲田駅からだとすぐの場所です。

今回は、なんとなく飲みたくなったこともあって、お目当の創作塩つけ麺が出てくる前に、軽く1杯楽しむことに。

限定日本酒 花巴 山廃 本醸造 27BY ハイボール ¥700

ちょうど、この日限定の日本酒があったので、それをチョイス。

非常にしっかりした味わいで炭酸で割っても旨いとのことなので、ハイボールでお願いしました。

筆者は、あまり酒類には詳しくないものの、確かに日本酒とは思えないようなテイスト。

ハイボールは通常ウイスキーで作りますが、それと比べても何の違和感もないです。

盛り合わせ ¥600

これは、お任せでおつまみが色々出てくる、盛り合わせというメニュー。

なぜかこの日は、いつにも増して腹が減っている状態で、酒だけ飲んでいると悪酔いしそうだったので、ハイボールのお供として頼みました。

今回は、チャーシュー2種類にタレで和えたネギ、メンマ、青菜など。

600円という値段にしてはボリュームがかなりあって、2人や3人で分けて食べてもいいでしょう。

ただ筆者は、これぐらいの量なら1人でサラッと完食してしまいますが。

こうして盛り合わせを食べ終わり、ハイボールも7割ぐらい飲んだところで、今回の創作塩つけ麺が出てきました。

和歌山県箕島産 マナガツオの創作塩つけ麺 ¥1700

今週のお題は、ラーメン巌哲でもごく稀に見かけるマナガツオ

関東だと馴染みのない魚ではありますが、実は関西ではその名をよく知られた、日本屈指の超高級魚なのです。

ラーメン巌哲で出てくるのは、確か3回目か4回目ぐらいじゃないかと。

マナガツオは、特に焼きが旨い魚で、今回は西京焼きと幽庵焼き、2種類の焼き物が入っていました。

スープの方に幽庵焼き、麺の方に入っているのが西京焼きになります。

今までのマナガツオの場合は、昆布出汁でまとめていたものの、今回は出汁もマナガツオのアラで取ってみたとのこと。

マナガツオは、そもそも身を食べる魚で出汁のイメージがないのと、頭が小さくてアラ自体があまり出ないため、出汁を取ろうとしてもなかなかやりにくいですが、結構な量が取れたのでせっかくならと思ったそうです。

こういったところが、ラーメン巌哲ならではの面白さですね。

ラーメン店ではお客さんを比較的早く捌くため、どんな食材を扱うにしても、ある程度の量が必要になります。

この場合は、マナガツオをたくさん仕入れたからアラもたくさん出て、そのおかげで出汁を味わうことができました。

マナガツオの出汁を飲むなんて、人生でそう滅多にない貴重な機会です。

結構あっさりした味で、当然初体験なので表現しづらいものの、これはこれで面白い味わい。

うまいこと調節してあって、きちんとつけ麺のスープとして成立しています。

ラーメン巌哲自慢の自家製麺と、マナガツオスープの相性もいい。

麺がとても美味しいので、あっさりしたスープがそれをよく引き立てます。

200gの麺が、あっという間になくなっていきます。

そして主役のマナガツオは、幽庵焼きと西京焼き、どちらも素晴らしい逸品ながら、個人的には前者の方が好き。

適度に脂がのって甘みのある身に、柚子の香りの組み合わせが最高。

こんな旨い焼き魚、そう滅多に食べられるもんじゃないです。

普通の人の感覚からしたら、1700円のつけ麺とか高すぎと思われるでしょうが、この味だったらむしろ安すぎるぐらいです。

料亭などでマナガツオを食べるなら、もっともっと高い値段になるはずで、比較的回転の早いラーメン店だからこそ、この値段で提供可能となるのでしょう。

コース料理と違って、1杯できちんと満足感を得られるのも、ラーメンやつけ麺のいいところです。

〆は、プラス50円でお茶漬けを。

マナガツオの肝を使った肝醤油が、今回はついてきました。

やや苦味のあるマナガツオの肝ですが、決して嫌な感じではなく、なんというかその苦味がクセになるというか、もっと食べたいと思わせてくれるような引きのある味です。

これまた貴重な機会で、スープ割りの最後の一滴まで残さず楽しませていただきました。

また次回の創作塩つけ麺も楽しみです。

でもその前に、やはりもう一度、季節限定献立のを食べに来たいです。

 

~店舗情報~
店名:ラーメン巌哲
住所:東京都新宿区西早稲田1-10-4
電話番号:03-6302-1281
営業時間:11:30~14:30, 18:00~21:00 [日曜]11:30~15:30 *営業時間が変わりました
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌火曜日と合わせて連休)
ラーメン巌哲公式ブログ:ラーメン巌哲店主のブログ
ラーメン巌哲公式Facebook:ラーメン巌哲
ラーメン巌哲公式Twitter:ラーメン巌哲

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です