ラーメン食べ歩き:マル得味噌つけめん中盛り 麺恋処 いそじ@代々木

今回は、筆者が学生の頃によく通っていた、東京のとある人気ラーメン店を紹介します。

代々木にある、麺恋処 いそじになります。

JR及び都営大江戸線の代々木駅から徒歩5分程度で、アクセスは非常に便利。

あまりラーメン界で話題になることはないですが、実は東京でもかなり高い評価を受ける実力派ラーメン店の1つでもあります。

オープンしてから既に10年以上が経過し、別に家や大学から近いというわけではなかったものの、なぜか学生時代にはよく通っていました。

ただ、社会人になってからは足が遠のいており、今回はなんとなく急に行きたくなっての訪問。

久しぶりだったので、基本の中華そばにしようかと思っていたところ、かつて麺恋処 いそじでは味噌つけ麺をよく食べていたので、今回はそのトッピング増しに該当する、マル得味噌つけめんをオーダーしました。

麺恋処 いそじでは、中盛り無料サービスとなっているので、当然の如く中盛りで。

マル得味噌つけめん中盛り ¥1050

このビジュアル、本当に久しぶり。

中盛りということでボリューミーな太麺、更にその上にはチャーシューや味玉・メンマなどが盛られ、なかなかの迫力ですね。

麺恋処 いそじのスープは、ざっくり言ってしまえば、いわゆる動物魚介系。

ただ、決して単純な作りの豚骨魚介スープにはなっておらず、動物系として豚・鶏・牛の3種類を使い、更にそこに魚介を強烈に効かせています。

変にドロドロしたり油っぽかったりということは一切なくて、比較的サラリとした仕上がりながら、旨味に溢れた絶品スープです。

注文時に柚子の有無を選べるので、ここは柚子有りにしときました。

柚子の香りがいいアクセントになっており、いやーこれは旨い。

わざわざ久しぶりに、代々木まで足を運んだ甲斐があったというものです。

そんな濃密スープに合わせるのは、自家製の太麺。

この太麺には、確かタピオカ粉を練りこんでいるそうで、ツルツルモチモチな食感が特徴的。

これも確証はありませんが、麺恋処 いそじでは麺を茹でるお湯に昆布を入れているとも聞いたことがあります。

それがどこまで影響しているかどうかはわからないものの、麺だけで食べても旨い。

この麺とスープが合わされば、鬼に金棒といった感じですね。

個人的に麺恋処 いそじのつけ麺では、麺をスープにドバッと全部つけるのが好きです。

その方が、麺とスープ両方の良さを最大限に味わえる気がしますね。

いわゆる特製にしたことで、チャーシューも大判のものが3枚入ります。

シンプルな煮豚で、食べ応えもあって美味。

流行っているからといって、変に低温調理チャーシューを導入したりしないところが、個人的に好きです。

トッピングには、もやしも入ります。

ちょうどいい茹で具合のシャキシャキもやしで、そのままでは味がしないので、スープにつけて食べるといいでしょう。

最後は、つけ麺では定番となっているスープ割りで〆。

このスープ割りも、美味しかったです。

麺恋処 いそじのラーメンやつけ麺は、やっぱり素晴らしい。

スタッフの皆さんの接客なども相変わらず素晴らしく、ゆっくりと堪能できました。

また、いつの間にか、いそじろうなる二郎系のガッツリラーメンがメニューに加わっており、非常に気になりました。

次はそれを食べてみたいところですが、夏恒例の冷やし中華もそのうちスタートすると思うので、夏になったらどちらにするか迷いますね。

いざとなったら、両方食べてしまおうかと思います。

 

~店舗情報~
店名:麺恋処 いそじ
住所:東京都渋谷区代々木1-14-5
電話番号:03-3378-6555
営業時間:[月~金]11:30~20:30 [土曜]11:30~19:00
定休日:日曜・祝日

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です