ラーメン食べ歩き:中華そば(中)&半カレーライス 中華そば さとう@穴守稲荷

今回は、東京23区ながら東京都民でもここがどこか即答できる人は少ないであろう、マイナーな場所にある実力派ラーメン店をご紹介します。

穴守稲荷にある、中華そば さとうになります。

穴守稲荷はどこかというと、京急蒲田から羽田空港に向かう途中にある駅で、失礼ながらこの周辺に住んでいたり職場があるという人を除き、東京都民でもその存在を知っている人は少ないんじゃないかと思います。

ただ、穴守稲荷にあるこの中華そば さとうは、そんなマイナーな場所に店舗を構えつつも、東京でも極めて高い評価を受けるラーメン店の1つ。

筆者も以前訪れた際、素晴らしく美味しいラーメンだったことをよく覚えており、今回なぜか久しぶりに中華そば さとうに行きたくなったので、時間を見つけて穴守稲荷まで足を運んできました。

中華そば さとうのメニュー構成は至ってシンプルで、ラーメンは1種類のみ、あとはトッピングが少々あるぐらいですが、サイドメニューにカレーライスがあるのが面白いところ。

注文は、基本メニューである中華そば(中)と、半カレーライスにしました。

今時の東京のラーメン店にしては珍しく、食券制ではないと同時に前払い制になっているのでご注意を。

また、中華そば さとうは店主一人で切り盛りしているため、注文するのは店主に声をかけられてからにしてください。

特に店主が調理中の場合などは、その旨が告げられるので焦らずにいきましょう。

中華そば(中) ¥600

黄金色に輝くスープの中に縮れ麺が泳ぎ、トッピングはチャーシュー1枚にメンマとネギという、至ってシンプルな構成。

最近の東京では、この中華そば さとうのようなラーメンを見ると逆に新鮮に感じます。

中華そば さとうのラーメンは、ほんのり煮干しが効いたあっさり醤油味のスープ。

強い個性やインパクトなどは全くありませんが、身体に沁み渡るような美味しさでたまりません。

こういったラーメンを嫌いな人は殆どいないでしょうし、特に寒い時期に食べると最高に旨いラーメンの1つだと思いますね。

お腹も心も、ほっこり満たされます。

麺は、あっさりスープとは定番の組み合わせである、細めの縮れ麺。

これも、麺そのものの主張などは強くありませんが、定番だけにスープとの相性良くて美味しい。

麺量は比較的少なめな印象で、サラッと食べられちゃいますね。

個人的に、この中華そば さとうのラーメンは、なんだか夜食に食べたくなるようなラーメンの1つだと思います。

中華そば さとうでは、チャーシューの美味しさも見逃せない。

これもシンプルな煮豚なんですが、このラーメンにはぴったりと言える組み合わせ。

SNSなどを見ていると、チャーシュー増しにしている人が結構いて、それもわかります。

チャーシュー増しにしても800円という値段も、今時のラーメン店にしてはかなり安い価格設定でありがたい。

半カレーライス ¥300

そしてこちらは、サイドメニューの半カレーライス

ラーメンと同じく、素朴な味わいのカレーとなっていてそれがいい。

300円にしてはなかなかのボリュームがあって、ラーメンだけではちょっと物足りないと感じる胃袋を確実に満たしてくれるはず。

勿論、がっつり食べたい場合はこのハーズサイズではなく、500円のフルサイズにするのをオススメします。

結局スープまで残さず完食して、大満足の食事となりました。

穴守稲荷はなかなか来ることはないでしょうが、ラーメン好きなら一度はこの中華そば さとうに行っておくべきでしょう。

中華そば さとうは、別に歴史ある老舗ラーメン店ではないものの、ラジオが流れる店内はそれを感じさせるような落ち着いた雰囲気があり、それでいて明るく清潔感があるのは個人的にポイント高い。

更に、中華そば さとうの店主は積極的に客とコミュニケーションを取るタイプではないながらも、接客は柔らかく丁寧でここも好印象です。

アットホームでゆったりラーメンを楽しめる空間なので、是非皆さんも中華そば さとうへ足を運んでみてください。

最近になって、神奈川県の大船に2号店を出したようで、筆者はそちらが気になります。

 

~店舗情報~
店名:中華そば さとう
住所:東京都大田区羽田4-20-11
電話番号:070-5029-1755
営業時間:11:00~14:00, 16:30~21:00
定休日:月曜・祝日
中華そば さとう食べログ:中華そば さとう

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です