ラーメン食べ歩き:全部入り貝塩らーめん&貝油の和えそば らーめん改@蔵前

今回は、筆者が働いている株式会社MATCHAのオフィスから近くにある、人気ラーメン店をご紹介します。

都営大江戸線の蔵前駅から徒歩3分程度の場所にある、らーめん改になります。

東京メトロ銀座線の田原町駅からも徒歩10分弱で行ける距離で、MATCHAのオフィスからも同じぐらいです。

らーめん改の店主は、筆者が昔から大好きなラーメン店のいつ樹で修行した後に、2016年になってここ蔵前に自身のお店となるこちらをオープンさせました。

開店直後から、ハイレベル且つ個性的なラーメンが評判を呼び、あっという間に人気ラーメン店の仲間入りを果たしており、筆者もオープン当初から何度かこのらーめん改には食べに来ています。

オフィス近くにらーめん改があるというのが個人的に非常にありがたく、ランチに気軽に寄れるのは、MATCHAに勤務するようになって良かったことの1つでもあります。

既にらーめん改のメニューは一通り食べ尽くしており、今回は何を紹介しようか迷ったものの、基本である貝塩らーめんの全部入りと貝油の和えそばにしました。

全部入り貝塩らーめん ¥1080

非常に盛り付けが美しく、彩りも豊か。

らーめん改でこのラーメンを筆者は何度も食べていますが、ビジュアルには毎回惚れ惚れします。

貝塩らーめんのスープはとにかくその名前通り、貝の鮮烈な風味が効いた味わいが特徴的。

一口このスープを啜ると、その香りがスッと鼻に抜けるように感じます。

見た目は割とあっさり上品なスープのような感じがするものの、実際に食べてみるとなかなかインパクトの強い味わいに驚きます。

ただ、だからといって変なクセのあるような仕上がりではなく、バランスの良さも感じさせるのはさすが。

貝を使ったラーメンは、らーめん改以外に東京でもそれなりに見かけるようになっていますが、他のラーメン店とは全然異なるタイプで、味と個性を両立していてとてもいいと思います。

合わせる麺は自家製の手もみ麺で、淡麗スープのラーメンしては太めのものになっています。

非常にコシが強く、淡麗系ながら主張の強い貝スープに負けない存在感があって良し。

この麺に関しては、修行先のいつ樹っぽいなと個人的には思いますね。

比較的ボリュームもある感じで、食べ応え十分。

そして低温調理チャーシューは、パッと見た感じはパサついてるような気がしたものの、実際に食べてみたらそんなことはなかったです。

1枚1枚が大きく適度に厚みもあって、値段に見合う味とボリュームでした。

また、個人的にらーめん改で面白いと思っているのが、箸休めのワカメと筍です。

貝スープとこの2つの相性が抜群に良く、筍はメンマとは異なる食感でそういった点でもユニーク。

筍は追加でトッピングすることも可能なので、気に入った人は是非次回以降にそうするといいでしょう。

貝油の替え玉和えそば ¥200

そしてこちらは、替え玉となります。

しかしご覧の通りただの替え玉ではなく、少々トッピングが入った和え玉仕様となっており、特に東京ではこのシステムを採用するラーメン店は増えています。

この替玉和えそばのいいところは、自分の好みに合わせて様々な食べ方が可能なことです。

そのまま混ぜて油そばとして食べることもできますし、ラーメンのスープを使ってつけ麺風に、あるいはラーメンのスープにドボンとぶち込んでもいいでしょう。

らーめん改替玉和えそばに関して言えば、筆者は上の写真のようにラーメンのスープに投入して食べるのが好きです。

デフォルトでは太麺なのに対して、この替玉和えそばでは細麺を採用しているため、また違った食感で最後まで飽きずに楽しめますよ。

是非皆さんも、自分の好みに合う食べ方を見つけてみてください。

あとは煮干しラーメンと煮干しつけ麺が通常メニューとしてらーめん改にはあり、それらはまた別の機会にご紹介します。

また、らーめん改では限定ラーメンにも積極的に挑戦しており、その情報はTwitterなどで発信しているので、興味のある人はチェックしてみるといいでしょう。

 

~店舗情報~
店名:らーめん改
住所:東京都台東区蔵前4-20-10
電話番号:03-3864-6055
営業時間:11:00~15:00, 17:30~21:00 *売切れ次第終了
定休日:月曜日
らーめん改Facebook:らーめん改
らーめん改Twitter:らーめん改

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です