ラーメン食べ歩き:海老ワンタン醤油らぁ麺&担担麺 中村麺三郎商店@淵野辺

今回は、マイナーな場所にありながらも極めて高い評価を受ける神奈川県のラーメン店をご紹介します。

神奈川県は相模原市淵野辺にある、中村麺三郎商店になります。
JR横浜線の淵野辺駅からは徒歩5分程度と、駅からは近くて便利な場所です。

淵野辺には青山学院大学桜美林大学のキャンパスがある他、JAXAなんかもあったりしますが、あまり一般の人には馴染みのない場所かと思われます。
そういうわけで、筆者もかなり久々の訪問になってしまいました。

ここ中村麺三郎商店の店主は、渋谷にある人気ラーメン店の麺の坊 砦や中華料理の名店で修行を積んだ後、2016年に自身のラーメン店をオープン。

開店当初から中村麺三郎商店のラーメンのレベルは極めて高いと評判で、あっという間に神奈川県屈指の人気ラーメン店となりました。

せっかく久しぶりに来たので、ラーメン2杯食べようと思って、海老ワンタン醤油らぁ麺と担担麺を注文しました。

海老ワンタン醤油らぁ麺 ¥950

チャーシューとメンマに、トッピングの海老ワンタンが3つ入っており、見た目は割とシンプルな感じ。

醤油の色が綺麗で、食欲をそそられます。

スープには比内地鶏や徳島の地鶏の他に、豚骨や牛骨、更に本枯節や煮干しなど、実に様々な種類の素材を使っているそう。

あっさりしつつも重層的に非常に奥深い味わいが特徴で、物足りなさなど皆無。

たくさんの素材を使うと、まとまりがなくなってよくわからない味になってしまうこともあるのですが、勿論この中村麺三郎商店ではそんなことはありません。

醤油ダレの香りも良く、高評価を受けるのも当然と言える美味しさで、グイグイ飲めちゃいます。

麺は自家製で、3種類の国産小麦を使っているとのこと。

この麺自体がとても美味しいうえに、このスープの中でよりその良さが際立つ感じすらあります。

神奈川県でも自家製麺のラーメン店は増えているものの、ここ中村麺三郎商店の麺は間違いなくその中でもトップクラスの完成度だと断言できます。

是非一度、この麺の美味しさを体感してみてほしい。

そして、この海老ワンタンがまたとにかく素晴らしい。

ちょうど一口で食べ易いサイズなのに加え、海老の存在感もしっかりあって旨い。
このワンタンについては、中華料理の経験が生きていると思います。

最近のラーメン店ではワンタントッピングを出すところが増えているものの、ここ中村麺三郎商店のワンタンは、東京のラーメン店を含めても個人的にベスト5に入るぐらい好みの味わい。

3個じゃ全然物足りなくて、もっとたくさん食べたいと強く思いました。

そうしてスープまで一気に完食して、担担麺を持ってきてくれるようお願いしました。

担担麺 ¥850

中村麺三郎商店店主のTwitterによると、この担担麺に関しては清湯ベースと白湯ベースの日があるようで、本日は後者の方でした。

個人的に担担麺は、濃厚でわかり易いタイプの方が好みなので、食べる前からこれはどストライクな味わいだろうと思っていました。

実際に食べてみると、事前の想像以上の旨さに驚きました。
絶妙な引きのある辛さで、麺もスープも一気に完食。

食べ進めるほどに、もっと食べたいと思わせてくれるような味わいでした。
むしろ、だんだん減っていくのが悲しくて、途中から食べたくなくなるような感じすらしました。

最近の神奈川県では、白湯ベースの担担麺ならここ中村麺三郎商店と、横浜市にある地球の中華そばがハイレベルなものを出している印象で、この2つのラーメン店の店主は確か修行先では先輩後輩の間柄だったはずで、そう考えればそれも納得。

結局ラーメン2杯ともスープまで完食してしまいましたが、それでもまだ余裕があってもう1杯食べようかと一瞬考えたぐらい、本当に美味しかったです。

淵野辺という場所へは、筆者は基本的に全く用事がないので滅多に来ないものの、これからはこの中村麺三郎商店のために、もう少し行く頻度を上げようと思います。

次回訪問した際には、今回登場しなかった塩ラーメンと白湯ラーメンをご紹介することにします。

 

~店舗情報~
店名:中村麺三郎商店
住所:神奈川県相模原市中央区淵野辺4-37-23
電話番号:042-707-7735
営業時間:11:30~15:00, 18:00~21:00 (火曜日は昼営業のみ)
定休日:水曜日
店主Twitter:https://twitter.com/n_menzaburou

投稿者: KKazunori624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です